« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022年8月の4件の記事

2022年8月14日 (日)

新千歳空港駅開業30周年記念入場券

今年の7月1日から、新千歳空港駅の開業30周年記念入場券が発売されました。3枚セットで、台紙付きです。発売枚数は3000部限定です。この入場券と、宗谷本線の南稚内、音威子府、天塩中川の記念入場券が発売されるというプレスリリース(6月16日付)を見て、すぐさま航空券の手配をし、7月1日のAIRDOで千歳に飛びました。
362000061
362000062(1枚目)
362000063
362000064(2枚目)
362000065
362000066(3枚目)
 3000部なので初日に行けばさすがにあるだろう、と思っていましたが、余裕でした。これまで新千歳空港駅に乗り入れた快速エアポートの歴代車両の絵が描かれています。台紙には、これまでの歴史と車両解説と道内の路線図が載っています。裏側には、30周年記念のスタンプを押すところがあります。スタンプは入場券を買わずとも押せるよう、通路に置いてありました。

362000068(表紙)
362000067
(中面。右に入場券をセットできるようになっています)
362000069
(裏表紙とスタンプ。台紙はクリックすると拡大します。)



 

 

根室駅開業100周年記念入場券

 根室駅が去年の8月5日で開業100周年を迎えたことを記念して、「根室駅開業100周年記念入場券」が発売されていました。発売期間は、去年の4月1日から11月30日までで、以降売り切れ次第終了となっていました。要するに枚数制限はなく、期間限定で増刷するが、期間終了後は無くなるまで、という売り方です。
362000051
362000052
 絵柄は、建て替え前の駅舎で、今の駅舎とは異なります。ちなみに、今の駅舎には、蕎麦屋さんが入っていて、ここの鍋焼きうどんが気に入っています。この日は12月中旬にも関わらず、真冬日で、地元のお客さんが、まだ12月なのにしばれるねぇ、と言いながら入って来ました。根室管内の太平洋側は夏になると、海霧が発生することが多いので、観光するなら冬の方が天気はいいです。このあたりはさほど雪も降りませんし。

 12月中旬に中標津空港から根室管内に入り、購入しました。同時に釧路駅でも「釧路駅開業120周年記念入場券」を発売していましたが、こちらはもう既に売り切れていました。枚数限定だと発売開始すぐに売り切れてしまうことが多いので、個人的にはこの売り方の方がいいのですが、なにか事情があるんでしょうか。

 そういえば、今年の3月に、ラベンダー編成の試運転列車が根室まで初めて運転されていました。キハ261が根室まで来るのは初だそうです。花咲線区間の根室本線で運転される観光列車は今のところありませんし、10年前のキハ183系お座敷車の「北太平洋花と湿原号」以来なにもないと思っていますが、景色は道内屈指ですので、たまには臨時快速でも走らせてほしいものです。

 

 

2022年8月13日 (土)

袋井風鈴まつり号

 JR東海のさわやかウォーキング参加者輸送の臨時列車は快速「さわやかウォーキング」という名前がほとんどですが、6月4日に袋井市で開催されたときは、「袋井風鈴まつり号」という名前で運転されました。袋井市で、遠州三山風鈴まつり、というのが開催されているからです。川越の氷川神社がおそらく一番有名ですが、寺社の境内に風鈴をたくさん吊って、集客を図るイベントです。インスタ映えねらいの人たちがやって来ます。

2022_06040006(沼津にて)
2022_06040017(車内の百合と風鈴)
2022_06040015

 さて、「袋井風鈴まつり号」は三島発袋井行きの片道運転でした。朝が早いので前日に沼津入りして駅前に泊まっていました。沼津から乗る人も結構多く、さわやかウォーキング参加者とオタクが半々くらいでした。普通に373系3両編成ですが、さわやかウォーキングの目的地である袋井市の「可睡斎」というお寺では、百合園があって、丁度見ごろらしいです。それにちなんで、車内のコンパートメントには、百合の鉢植えと風鈴が吊ってありました。この列車に乗ってさわやかウォーキングに参加すると、ゴールで、百合の鉢植えがもらえます。2022_06040027(搬出された百合)
Epson_20220813143505
Epson_20220813143611
 静岡を出て記念乗車証と百合鉢植え引換券が配られました。記念乗車証はD型硬券でなかなか良いデザインでした。

2022_06040078(可睡斎の風鈴まつり)
2022_06040092(百合園)
 袋井に到着すると、車内から百合を降ろしていました。さわやかウォーキングをします。たぶん初参加です。歩行距離は約9kmです。これくらいなら余裕です。「可睡斎」の風鈴は綺麗でした。隣の百合園も見学して、駅に戻ります。梅雨時ですが晴れていて暑かったです。

2022_06040109
 駅のゴールで鉢植えをもらいました。このときもらった白い百合は、家のべランダで今も元気に育っています。球根なので、数年は花を咲かせてくれると思います。

 

 

花咲くあたみ満喫号

 臨時特急「花咲くあたみ満喫号」は、今年の1月22、23日の2日間限定で、甲府~熱海間を走った列車です。甲府から中央本線、立川から南武線に入って、武蔵野貨物線を走って東海道本線に抜けます。この時期は熱海の早咲き桜が見ごろになる時期です。本州で最も早く咲く桜だそうです。

 甲府を0806に発車して熱海着は1117、帰りは1633発1944着です。八王子までの停車駅は特急「かいじ」等と同じで、なぜか立川は通過し、小田原、湯河原に停まります。車両はE257系5500番台の5両編成です。個人的にこれを2本併結した10両編成を見てみたいのです。

 八王子から湯河原まで片道乗車してみました。山梨方面から乗ってきている人はほぼおらず、がらがらの状態で八王子に到着し、ここからオタクを乗せて出発しました。駅の案内と実際に来た編成が逆だったので、1号車だと思って乗った車両は実は5号車で、その逆もまたしかり、という状況で、ほとんどの人が車内移動を強いられていました。臨時列車にありがちなことではあります。

21100040

 乗車すると、各座席上に、記念乗車証と、小田原熱海の観光パンフレットが置いてありました。乗車率は6割程度です。首都圏のこういう臨時列車は、以前は快速列車でしたが、車両が波動用のE257系に変わったからか、ほぼ特急になりました。快速のまま残っているのは「ホリデー快速鎌倉」くらいでしょうか。個人的に首都圏の波動輸送には未だに183系が走っているイメージのままアップデートされていませんが、E257系は明らかに快適です。特急料金を取ることで多少乗客が減っても増収につながると思います。きちんと検札もしていましたので、特急料金の取りこぼしもなさそうです。ちなみに私のきっぷは、留萌駅で発券しました。吹雪で留萌線は止まっていましたが、深川から乗る特急券のえきねっと受取を依頼すると、「他のは受け取らなくていいですか?」「本当にいいですか?」と営業活動をされてしまったので、この列車のも受け取ってきました。発券手数料が入るんですかね。この列車の特急券を留萌で受け取ってきたのは、たぶん私一人です。いや絶対にそうです。
2022_01220019
2022_01220016(湯河原にて)

 立川は配線上、少なくとも上り列車はホームのある線路を通るので客扱いできるのでは?と思ってみていましたが、やはり4番線に入り運転停車していました。下りは、南武線からホームのない待避線に入ってそのまま本線に出られるので、こっちは無理です。上りと下りで停まったり停まらなったりするのは旅客案内上不都合だから通過なのでしょうかね。

 久しぶりに武蔵野貨物線を走りましたが、ほぼトンネルなので特に面白くはないです。以前乗ったときは、一般の観光客が、この列車どこ走ってるんだ?こんなとこに地下鉄なんかあったっけ?とか言っていましたが、この列車は、大半がオタクなので、そういう声は聞こえませんでした。観光客も少しばかりは乗っていましたが。

2022_01220013(湘南の太平洋)
 1週間前には荒れた道北の日本海と、真っ白に凍結した国道を眺めていたところ、湘南の太平洋は暖かそうでした。湯河原で降りました。2分ほど停車していました。熱海の早咲き桜を見に行ってもよかったですが、行ったことのない湯河原温泉に行ってみようと思ったためです。「惣湯」というのがあったので、名前からして、ここが湯河原温泉の公衆浴場だろうと思ってバスに乗って行きましたが、今流行りのお洒落施設でした。入口の「入浴料2900円」をみて即時撤収しました。。

 後で調べると、近くに普通の温泉があったようなので、もう少し下調べをしてから行くべきでした。こういう著名な温泉地に来たには久しぶりだったので、と言い訳をしておきます。

 

 

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »