« 豊田駅 | トップページ | 桜海里 »

2021年6月15日 (火)

ふらの・びえいフリーきっぷ

 「ふらの・びえいフリーきっぷ」は、札幌からの往復特急自由席と、富良野・美瑛のフリー区間が付いた観光用のきっぷです。フリー区間は、函館本線の滝川~旭川間、根室本線の滝川~幾寅間と富良野線全線で、区間内は、普通列車の自由席が乗り放題です。札幌から旭川、又は富良野までは、特急列車の自由席で往復できます。なお、札幌から旭川、富良野まで200km以内に収まっているせいか、発着駅は札幌の単駅限定で、札幌市内にはならず、千歳や小樽など他駅発の設定もありません。ちなみに、フリー区間だけの「ラベンダーフリーパス」(2800円)もあります。いずれも利用当日まで購入できます。
311000231

311000232 
 往復の特急は、自由席なら追加料金不要で乗れますが、指定席、又はグリーン席を利用する場合は、それぞれ指定料金券、又はグリーン料金券を購入すれば併用できます。

 発売額は7400円です。札幌~旭川間の往復だけで、普通運賃なら9380円、えきねっとトクだ値でも5720円しますので、少しフリー区間を利用すれば十分に元が取れますし、普通運賃基準なら、一切フリー区間を使わず、旭川を往復するだけで元が取れます。もっとも、単純往復だけならSきっぷ(5550円)の方がお得ですが。

 先週連休を取って、5日間、また北海道に行っていました。今度は道北方面です。当初の予定では、宗谷本線の観光列車、急行「花たび そうや号」に乗る予定でした(そのうち記事にはします)が、5月16日から、鈴木北海道知事や札幌市長が、札幌市、旭川市、小樽市、及び石狩管内のまん延防止等重点措置で十分だ、北海道は広すぎるから全道での緊急事態宣言は実態にそぐわない、と反対していたにも関わらず、政府の分科会が「メッセージ性がある」と言い、ただそれだけの理由で北海道全域に緊急事態宣言が発出されたため、5月15日の運転開始を数時間後に控えた、14日(金)の20時ごろ、全列車の運休が決まってしまったため、行程を変更して行っていました。

 北海道内は、AIRDOANAと共同企画のフリーパスが発売されてからは、こればかり使っていて、このきっぷのような地域限定のフリーきっぷを買う機会はなかなかありませんが、今回は、道北方面へ行くと言っても、オロロンライン沿いを観光することが主目的だったので、「きた北海道フリーパス」を買うほど乗りませんでした。木曜日の夜便で千歳へ飛び、千歳市街で1泊ののち、2日目は美瑛を観光しようと思って、このきっぷを買いました。ただし、雨予報だったので、雨なら、石狩沼田と奈井江へきっぷ収集に行くつもりでした。

 当日の朝起きると、街路樹が強風で靡き、道行く人の傘がひっくり返っていました。時刻通り来た快速エアポートで札幌へ行き、「ライラック」に乗り換えると、江別~豊幌間の夕張川橋梁で徐行運転をするため遅れる、と車内放送で告げられました。よって、前日からほぼそのつもりでしたが、きっぷ収集に行程変更決定です。ちなみに、過去5、6回富良野美瑛には行っていますが、全部雨です。美瑛に行こうとすると必ず雨が降ります。どうしてなんでしょうね?

 「ライラック」を深川で降り、留萌線に乗り換え、石狩沼田で降りました。ちなみに、明日も乗ります。沼田の町を散策でもしようかと思いましたが、千歳駅へ向かう途中で折り畳み傘が曲がってしまっていて、駅舎の写真だけ撮ってすぐ諦めました。次、奈井江へ行き、ここも暴風が吹き荒れていて外へ出るのは止めました。なお、函館本線は、江別~幌向間で強風のため、運転見合わせ、となっていたので、特急列車は運休が多発、走っていても30分から1時間程度遅れていました。普通列車はほぼ時刻通り動いていたので、私の予定は崩れることなく、宿泊地の旭川に10分遅れで着きました。道北の遅い日没(1915頃)になると晴れ間が出てきて、翌日からは快晴の旅路となりました。

 よって、「ふらの・びえいフリーきっぷ」という名称ながら、富良野にも美瑛にも行っていません。それでも十分元が取れているのでよいです。有効期間4日間というのも丁度良かったです。

311000233
311000234
 指定料金券を買うと、新千歳空港駅のベテラン窓口氏は、「指定券発行の列車に限り有効」という印を捺しました(これは初めて見ました)が、乗り遅れは自由席利用になるので、誤解を招くような気もします。まあそこはどちらでもいいです。復路の指定料金券を留萌駅で買うと、こんなきっぷを留萌で提示する人はいないのか、タリフを調べて発券してくれました。こちらは普通の「指定券発行」印でした。

 

« 豊田駅 | トップページ | 桜海里 »

企画切符」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 豊田駅 | トップページ | 桜海里 »