« JR四国 地域共通クーポンきっぷ | トップページ | TOHOKU EMOTION(東北レストラン鉄道) »

2020年12月31日 (木)

山陽新幹線 直前割50

 山陽新幹線の一部区間に、9月末から設定された「山陽新幹線 直前割50」は、その名の通り、所定の乗車券・指定席特急券の半額で、「こだま」と一部「ひかり」の指定列車指定席に乗れるきっぷです。金土、休日にのみ利用可能で、発売は、3日前~前日まで、列車指定ですが、乗り遅れ時の救済はあります。

 9月末から発売開始でしたが、発売の発表がなされたのは、直前でした。商品名からもわかる通り、あまりに乗客が減ってどうしようもないから、急に決めて、急造成したのでしょう。当初は、9月いっぱいまでしか発売期間は明示されていませんんでしたが、その後、年内に延長され、先日、3月28日まで再度延長されました。1月以降は、福山発着など、設定区間が増えています。

 新大阪岡山、広島間などは、日本旅行の旅行商品(バリ得など)で、往復こだま指定席のプランが発売されており、新神戸岡山間であれば、4600円ほど(発売会社により若干異なる)なので、往復するのであれば、こちらの方がお得です。

 2週間前の週末、高知へ行ったとき、神戸の実家へ寄り道をするため、岡山→新神戸で、直前割50を使おうと思っていました。予約は3日前からですが、すっかり忘れていて、e5489を開いたのは、3日前の夜でした。乗車予定の岡山1957発の直前割は満席表示で取れず、やむなく次の1時間後のにしました。本当に満席(発売枚数に達していた)だったのか、時間が良いから設定がないのかはわかりません。

331000091
331000092
 岡山駅できっぷを受け取って、構内の駅そばをすすって、新幹線ホームにあがり、東京行き最終ののぞみ64号が、がら空きで発車していくのを見ていました。11月末から、また旅行客は激減しています。

Photo_20201231204801
 700系が来るとばかり思っていましたが、500系でした。車内に入って、何気なく券面を眺めていると、「が必要です(自由席の乗車はできません)」という意味不明な文言が目に付きました。恐らく指定列車乗り遅れ時の注意書きなのでしょうが、これではさっぱりわかりません。JR西日本のおでかけネットを見てみると、次のように記載されています。

「【指定列車に乗り遅れた場合】

別途乗車区間に対する指定席特急券等の購入が必要です(自由席の乗車はできません)。

自由席に乗車される場合でも、自由席特急券の購入が必要です。」

 自由席の乗車はできない、としておきながら、自由席特急券を購入すれば、自由席に乗車できるようです。これも意味不明です。要するに、指定列車以外を利用する場合は、別途特急券が必要、ということなのでしょうが。ちなみに、指定列車の発車時刻より前の列車に乗車する場合も同様の注意書きがあります。

 このあたりから察するに、指定列車に乗り遅れ時は、指定席特急券「が必要です」と記載するつもりだったのだと思います。

 この消された文言があったと思われる場所には、赤文字で、指定券発行済みの表記があり、被る部分の記載を消したのだと推測できます。実際、9月発売分は、きちんと文言が記載されていたそうです。

 1月以降は、3駅以内かつ120km以内の区間相互間で自由席に乗車できる「新幹線 近トク1・2・3」が発売開始されます。のぞみ号も利用できるので、区間によって使い分けようと思っています。

___________________________________________________________

 大晦日になりました。今年は新型コロナに翻弄された世相でしたが、GoToトラベル事業等の恩恵を受け、北海道滞在計23日間(計7回)、九州3回、新潟庄内4回、ANA搭乗回数23回(内1回はJAL振替)など、例年になく、動き回った年になりました。観光運輸業界が大きな打撃を受けているのは非常に悲しいことですが。

 今は紅白を見ながらこの記事を書いていますが、来年は平和な年であってほしいものです。

 今年もお付き合いいただき有難うございました。それではよいお年を。

 

 

« JR四国 地域共通クーポンきっぷ | トップページ | TOHOKU EMOTION(東北レストラン鉄道) »

企画切符」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« JR四国 地域共通クーポンきっぷ | トップページ | TOHOKU EMOTION(東北レストラン鉄道) »