« あそぼーい!白いクロちゃんシート | トップページ | 能登部駅 »

2020年11月23日 (月)

五能線フリーパス(地域共通クーポン取扱)

 前々回は、地域共通クーポンが使えるJR北海道の企画きっぷを紹介しましたが、JR東日本管内では、一部の既存フリーパスが買えるようになっています。北から順に購入可能商品を列挙すると、次のようになります。

盛岡支社管内:あおもりホリデーパス
       津軽フリーパス
       五能線フリーパス
       いわてホリデーパス

仙台支社管内:小さな旅ホリデー・パス
       仙台まるごとパス

秋田支社管内:津軽フリーパス
       五能線フリーパス

新潟支社管内:えちごワンデーパス
       えちごツーデーパス
       きらきら日本海パス

長野支社管内:信州ワンデーパス

水戸支社管内:ときわ路パス

東京支社管内:都区内パス
       東京フリーきっぷ

千葉支社管内:なし

横浜支社管内:なし

 地域共通クーポンの検索サイトで、1つ1つ洗い出していったので、漏れいているものもあるかもしれませんが、利用エリア内、かつ利用期間内で完結する商品のみに利用可能、という地域共通クーポンの利用要件に合致する、エリア内フリーパスに使える、という印象です。いずれも、紙クーポンのみ利用可能で、みどりの窓口のある駅であれば使えるようになっています。地域共通クーポン自体の発行、及び利用は10月1日からでしたが、JR東日本で使えるようになったのは、10月9日以降です。
31100018

 また、地域共通クーポンの趣旨からして、「きらきら日本海パス」のように、新潟、山形両県にまたがる場合、新潟県のみが利用エリアに入っているクーポンでは、当該きっぷは買えないものと思われます。直接聞いたわけではないのですが。

 ちなみに、併用できるのは現金のみです。カードは駄目と言われました。額面以上のクーポンを利用できるかは不明です。地域共通クーポン自体は、「お釣りは出ません」としているだけなのですが、額面以上不可、としているところは結構あります。

 青森駅で、「五能線フリーパス」を購入すると、券面に駅名小印を捺されました。どうやら、この駅名小印の押印を以って、地域共通クーポンで購入した旨の表示にしているようです。地域共通クーポンで購入したきっぷは、払戻、及び変更のいずれも不可となります。本来、駅名小印は、券面の訂正等の際に用いるものなのですが、特に何らの記載を訂正することなく、押印しているので、他の使い方と見分けがつく、ということなのでしょう。

2020_11080178
2020_11080183 
2020_11080189 (五能線キハ40)
 不老ふ死温泉に行って、帰りは置き換え間近のキハ40系に乗ってきました。北海道を思わせる荒涼とした五能線沿線から乗ってくる人はおらず、鰺ヶ沢まで貸切でした。

 

 

« あそぼーい!白いクロちゃんシート | トップページ | 能登部駅 »

企画切符」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あそぼーい!白いクロちゃんシート | トップページ | 能登部駅 »