« 新得駅の入場券 | トップページ | 快速「あいづ」 »

2020年6月27日 (土)

リゾートみのり

2018_12240125 (鳴子温泉にて)
 陸羽東線の観光列車「リゾートみのり」は、平成20年の宮城DCにあわせて登場したキハ48形のリゾート列車です。車内や外観は、「リゾートしらかみ」などとよく似ています、というよりほぼ同じです。仙台~新庄間の温泉地帯を3両編成で運転していましたが、今年の6月末をもって運転を終了することが決定しています。この列車も、新型コロナウイルスによる観光需要減退の影響を受けて、4月から運休が続いており、運転が再開されることはありませんでした。

 4月にJR東日本管内の観光列車運休の報知が出たとき、「リゾートみのり」だけは当初、なぜか運休対象から外されていました。真偽のほどは不明ですが、仙台支社が「みのりは生活需要がある」として運休を拒否したという噂があります。というのも、「リゾートみのり」の運転開始時、1本定期列車を間引いて、この列車に置き換えた、という経緯があるからです。「みのり」は金曜と週末のみの運転のため、一部平日には、ほぼ同時刻で臨時普通列車が走っていました。

 しかしながら、結局運転したのは1週だけで、翌週からは、他の観光列車と同じく運休となりました。

2018_12240134
2018_12240136 (「みのり」車内)
 「リゾートみのり」が登場する前のキハ58系「おもいで湯けむり」には乗っていましたが、この列車に乗る機会は中々無く、一昨年の12月暮れに鳴子温泉から仙台まで初乗車しました。冬期間はは中間1両を抜いて2両編成での運転でした。鳴子温泉から乗る乗客は少なく、多くが新庄方面から乗ってきているようでした。観光客に加えて、古川や小牛田などから仙台へ向かう地元客の姿がそれなりにあったのが印象的です。

2018_12240138 (記念撮影プレート)
21400020
 秋や冬に、同じくキハ48形の「風っこ」を併結して4両編成で運転していたり、年末年始は磐越西線に出張して快速「あいづ」として走っていたりするなど、仙台支社管内での観光列車として活躍していましたが、さよなら運転などもなく、このまま引退するものと思われます。

 陸羽東線は、沿線に温泉地が点在し、一定の観光需要が見込めることから、HB-E300系の観光列車が後継に登場するものとばかり思っていましたが、今のところ、そういった発表はありません。後継列車は、快速「湯けむり」で、小牛田のキハ110系にラッピングを施した車両となるようです。指定席連結なので、盛岡からキハ1100番台のリクライニング車両を持ってくるのかと思っていましたが、仙台支社のプレスリリースによると、一般形のキハ110系のボックス席を指定席として発売し、ロングシート部分は自由席として運転するようです。「リゾートみのり」からは大幅なグレードダウンになりますが、来年夏の東北DC時に新たな観光列車が誕生するのでしょうか。

 

 

« 新得駅の入場券 | トップページ | 快速「あいづ」 »

指定席券」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新得駅の入場券 | トップページ | 快速「あいづ」 »