« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月の8件の記事

2020年3月29日 (日)

ひがし北海道フリーパス

 北海道内には、旅行会社のパック商品のオプションとして、各種フリーパスが設定されています。JR北海道が発売しているフリーパスは、北海道フリーパスを除いて、大半が特急自由席利用のもので、指定席は利用できません。道内の都市間特急の自由席は結構混み合うので、乗車時間が必然的に長くなり、旅客の流動も少ない、特に道東道北方面は、指定席を取っておきたいところです。

 その点、旅行会社のオプション商品として発売されているフリーパスは、単売不可で、例えば、首都圏からの往復航空券とホテルをセットにした旅行商品等と合わせて購入する必要がありますが、特急指定席を回数制限なく利用できるものが数多く設定されています。

 ただ難点は、主たる旅行商品の価格が、ネット購入のダイナミックパッケージ等と比べて割高になる、ということです。フリーパス自体の価格は、しっかり乗るのであれば、かなり割安です。

 何気なくパンフレットを眺めていて、「ひがし北海道フリーパス」というのを見つけました。網走~釧路~根室~帯広間、特急自由席、快速指定席(回数制限なし)が利用できて、各社若干バラつきはあるものの、6000円強です。オホーツクの流氷観光を目的に、オホーツク紋別空港jに降り、右回りで回ろうとしていたので、このフリー区間は丁度良いなと思いました。

 難点は、航空券パックでなければならないことです。しかし、日本旅行のパンフレットを眺めていると、「宿泊」セットであれば発売可、とありました。そこで、帯広の定宿の宿泊券と組み合わせて利用することにしました。フリーパスの価格は6200円、有効期間は2日間です。

 オプション商品の大半は、ネットで申し込めず、店舗に行く必要があります。新宿西口の小田急トラベルで手配してもらい、バウチャー券を受け取りました。

 2月29日の朝9時過ぎ、北見からの3両編成普通列車を降りた私は、引換場所のみどりの窓口へ行き、バウチャー券を差し出しました。快速指定席は、当日の「SL冬の湿原号」を利用します。券面には、「当日、空席があれば指定席利用可」とありましたが、えきねっとで事前に押さえていた席を指のみで発行してもらいました。厳密には、当日の空席ではありませんが、えきねっととの合わせ技には、特に制限はないようです。
40000008 
 旅行会社のフリーパスは、以前は、総販システムで発券されていたようですが、マルスの企画券のような体裁で、左上に小さく、(契)とある不思議なきっぷが出てきました。右上に企画券コードらしき5桁のコードがあるので、システム的には、企画券扱いなのだと思います。「ひがし北海道フリーパス」の文字と、発売会社の「赤い風船(東日本)」の記載もあります。

2020_03020308 (北浜駅にて)
2020_03020399 (浜小清水駅近くの展望台より)
 0945発の「流氷物語号」に乗ります。1年前に乗った時は、立ち客も大勢、物販もやっていたのですが、北海道知事の緊急事態宣言を受けて、物販は中止、乗客もまばらでした。

2020_03020538 (釧路にて)
 オホーツク海に近い北浜駅では、駅のすぐ傍まで流氷がありました。流氷本体は沖合ですが、一部が接岸したままになっています。私は浜小清水で降り、展望台に上りました。徒歩5分ほどです。この日は快晴で、知床連山まで見渡せました。SL冬の湿原号は、また今度書くとして、釧路から1614発の特急「スーパーおおぞら10号」に乗ります。自由席車内は悲惨なほど空いていました。利用状況を受けて、JR北海道では、道内の一部特急列車を運休にし、減車も実施するようですが、その対策も焼け石に水に思えるくらいの乗車率です。私の号車は5、6人、隣の指定席車両はたった1人でした。1746着の帯広で降りましたが、降りる人も乗る人もほぼいませんでした。

 

 

2020年3月24日 (火)

沼津駅改札マルス

 JR東海の主要駅には、駅の改札口にマルス端末が置いてあります。「JR全線きっぷうりば」のものとは別です。無人駅から乗車駅証明書で乗ってきた場合や、乗り越し精算の運賃計算、その集計などが主な用途と思われます。JR東日本などでは、改札用のPOS端末を整備していますが、東海では、一定の時期に改札端末の更新期限を迎えたようで、新たにPOS端末を開発するより、マルスを改良して、POSの集計機能を付けた方が安価で済む、ということでマルスを置くようになった、という話を聞きました。真偽のほどは不明ですが。

 この改札マルスでは、当然ながら、乗車券や特別企画乗車券などの発売も可能です。ただし、無人駅から乗車した場合や、区間変更をする場合など、一定の要件を満たしているときに発売されることがあります。(そうでなくても売ってくれる駅もあるようですが…)改札外に「JR全線きっぷうりば」があるわけですので、一旦改札を出て、そこで買える場合は、そっちで買ってください、ということです。

11100094
 沼津駅には改札マルスがあります。東京山手線内の有楽町から、黒色券売機で買える最遠のきっぷだけを買って、夜の沼津駅に降り立ちました。「区変で清水までにしてください。それで、ここで途中下車します」と言うと、「このまま出てもらって再度入場し、清水で精算もできますが」と言われました。「乗るのは明日です」と言うと、改札マルスで区変券を発行してくれました。(末尾参照)

 なお、マルスでの区間変更ができるのは、原券が100km以下、又は大都市近郊区間相互間のみの乗車券(要するに有効期間1日間の乗車券)である場合に限られます。いわゆる「方向変更」などは取り扱えません。この場合は、(規則上、)改札補充券が登場することになります。

 発券されたきっぷは、発売箇所に「沼津駅改」と明記されています。ちなみに、沼津で一旦打ち切って精算し、明日、改めて沼津→清水を買っても精算金額全く同じですが、どうされますか?と聞かれ、区変にしてください、と言ってようやく発券されたので、あまり出したくなさそうな雰囲気ではありました。

 

2020年3月22日 (日)

マリンエクスプレス踊り子

2020_02150148 (河津にて)
 2012年12月から運行を開始した特急「マリンエクスプレス踊り子」は、NEX用のE259系で運転されています。本業のNEX運用が丁度不振になっていた時期で、余剰車両を活用しよう、ということだったのだと思われます。伊豆方面の「踊り子」号系統は、185系の「踊り子」がB特急料金の一方で、251系の「スーパービュー踊り子」はA特急料金でした。この「マリンエクスプレス踊り子」は、E259系を使用しているためか、A特急料金適用とされていました。

21100026
 JR東日本の春の臨時列車情報を見ると、「マリンエクスプレス踊り子」は、ダイヤ改正前の3月8日以降、設定がなされていませんでした。E261系の「サフィール踊り子」が誕生することなどを受けて、運転終了とみていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

2020_02150124 (河津桜まつり)
 運転終了前の2月中旬、満開の河津桜を見に行った帰り、横浜まで「マリンエクスプレス踊り子76号」に乗りました。河津桜シーズン中の土曜日ということもあり、どの列車も軒並み満席表示でした。この列車も多分に漏れず、満席でしたが、隣は結局来ませんでした。

2020_02150154
2020_02150155
 伊豆急下田始発ですが、列車はほぼ空席の状態で河津に着きました。座席カバーが、この列車独自の錨マークのものになっていました。通路上のモニターも「マリンエクスプレス踊り子」に固定されています。外観はNEXそのものですが、先頭車両には、錨マークが付けられています。この編成はマリンエクスプレス踊り子専用なのだと思われます。通常のNEX運用にも入っているのでしょうが。

2020_02150158 (片瀬白田付近の車窓)
 普通の「踊り子」は185系なので、コンセント付の新型車両のこの列車は快適でした。運転が終了すると、E259系が伊豆の東海岸を走ることもなくなります。また、車内Wifiが付いていますが、伊豆急線内で使おうとしても繋がりませんでした。車掌の放送によると、小田原を出てからしか使えないそうです。

2020_02150165
2020_02150164 (東京にて)
 熱海を出ると、横浜まで停まりません。私は横浜で降り、5分後の東海道線の電車で東京駅に向かいました。東京まで乗ると、特急料金が一段上がるからです。東京到着後、隣のホームに回送発車待ちで、まだE259系が停まっていました。なお、マリンエクスプレス踊り子専用のチケッターがあるそうですが、指定券に指定された席に座っている限り、車内改札は省略されるので、もらいそこねました。

 

 

2020年3月19日 (木)

あいの風とやま鉄道

 旧北陸本線を第三セクターに転換した、あいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道、えちごトキめき鉄道の3社は、主要駅にマルスを残し、JR時代とほぼ同様のきっぷ購入ができます。えちごトキめきは一度、ビジネスえきねっとを導入していましたが、今は普通のマルスを置いています。

 あいの風とやま鉄道では、車両も521系、みどりの窓口も残し、運賃もさほど値上げしていない、というJR時代とほぼ同じ運営を続けています。みどりの窓口は、石動、高岡、小杉、滑川、魚津、黒部、入善、泊に設置されています。いずれの駅でもクレジットカード決済ができます。ただし、e5489など、インターネット予約の受け取りはできません。

2019_12280166 (高岡駅)
 昨年12月の暮れに、北陸方面を訪れていたので、高岡駅の窓口に寄って来ました。北陸新幹線が開通してからの旧北陸本線に乗ったのは地味にこの時が初めてです。「みどりの窓口」の看板こそ降ろしていますが、恐らくそのまま使っているのだと思います。

 富山から羽田にANA便で飛ぶことにしていたので、JR線内のみの短距離券を買いました。西日本管内は、他駅発の乗車券は基本的に断られますが、特に何も言われませんでした。

Epson_20200316222253
 クレジットカード決済は、普通の店にあるような端末を使っていて、マルスでの決済ではありませんでした。C制の判子とともに、レシートの番号を転記していました。発行箇所は、「(あ)高岡駅」となりました。

 このあと訪れたIRいしかわ鉄道の各駅は、政府のキャッシュレス還元事業の対象ですが、あいの風とやま鉄道は対象外でした。

 羽田から京急で品川に出て、新宿回り、中央線の定期券併用で豊田駅に着きました。駅員氏は、発行箇所を見て、ほっ、という顔をしたあと、黙って磁気情報を消去し、綺麗にスタンプを捺してくれました。

 

 

2020年3月15日 (日)

指定席券売機でのICチャージ

 北海道の指定席券売機には、他社に先駆けて、近距離のエド券を発券する機能が付加されています。札幌都市圏の中規模駅に次々と指定席券売機が導入され、その多くは既存の近距離券売機を置き換えたものですので、その代替機能として付加されています。

 さて、先月末から、北海道に滞在していた私は、最終日、桑園で降り、駅前のがらがらなイオンで夕食を済ませました。例の疫病により、不要不急の外出は控えるように、との北海道知事の通達があったからです。

 桑園駅も列車毎の改札で、乗客はみな目的の列車が改札中になるまで、自動改札の外側で待っています。私も待っていました。暇なので、ふと指定席券売機(アシストマルス)を見ていると、「ICカードチャージ」というメニューを見つけました。

2020_03020831 (桑園駅のアシストマルス)
 近距離券売機の代替であれば、チャージができても不思議はないのですが、これは今のところ、他社にはない機能です。

クレジット一体型Kitacaであれば、クレジットチャージもできるようですが、あいにくSuicaしかなかったので、千円を入れて、チャージしてみました。「領収書」のボタンを押すと、当たり前ですが、領収書が出てきました。それ以外には何も出てきません。これは近距離券売機と同じです。

Epson_20200315182744
 領収書はマルス券です。購入商品は「チャージ」だそうです。券番をみると、60055となっており、購入商品下の(50054)は、「チャージ」という「発券」をした、という連番だと思います。
11100095
 その前に購入した普通のマルス乗車券は、30052です。そうすると、このチャージ機能は、近距離きっぷを発売する機能ではなく、マルス機能の一つだと考えられます。近距離券を購入した際の番号は、全く別のものが振られるからです。参考までに、苗穂で買った近距離券を載せておきます。こちらの券番は、0115で、領収書は0116です。マルス機能の番号とは全く別です。
14100006
Epson_20200315185510
 また、JR北海道の一部駅では、みどりの窓口のマルス端末でチャージができるところもあるそうです。北海道は、なかなか先進的な取り組みをすることが多いところですので、まだなにか新機能が出てくるかもしれません。

 

 

2020年3月11日 (水)

札沼線①札比内駅

 札沼線の北海道医療大学~新十津川間は、5月6日を以って廃止されます。北海道医療大学までは電化されていて、札幌都市圏の通勤通学輸送路線ですが、以遠は、キハ40の単行列車がのんびりと走るローカル線です。

 札沼線の名称の通り、以前は、留萌本線の石狩沼田までを結んでいましたが、新十津川~石狩沼田間は昭和47年に、いわゆる赤字83線の一つとして、廃止されています。残った区間も、このうち、浦臼~新十津川間は、利用客が僅かということから、平成28年のダイヤ改正以降、1日1往復にまで本数が減らされています。

2020_03020791
2020_03020792(札比内駅)
 先週の月曜日、旭川のホテルを出て、滝川駅前からバスで新十津川駅に向かい、1000発の最終列車で、札沼線めぐりを始めました。廃止区間のうち、有人駅は、石狩月形のみですが、もう1駅、札比内は、簡易委託駅となっています。

 石狩月形から下り列車に乗って、札比内で降りました。駅を出て、30秒歩くと、国道に出ます。信号を渡ったところに、渋谷薬店があります。簡易委託乗車券は、この薬店で発売されています。訪れたとき、店内が薄暗くて、休みなのかと思いました。しかし、入り口の自動ドアの前に立つと、自動で開きました。ということは、営業しているのでしょう。店内に入り、奥に声をかけると、テレビを見ていたと思しきおじいさんが出てきました。

2020_03020788 (渋谷薬店)
2020_03020786 (駅前の国道)
2020_03020787_20200308180801 (「札比内駅」)
 何も言わなくても、「きっぷ?」と聞かれ、豊ケ岡までの常備券、200円ね、1759番目だよ、と言われました。ご苦労様、とも言われました。豊ケ岡は、原生林の中にある、いわゆる秘境駅ですので、普段使いしている人は恐らくいないと思います。よって、このきっぷを買いに来るのはマニアだけで、実際、そのようです。
15100036
 北海道の簡易委託駅は、総販前出し券を売っているところが多かったのですが、昨年の10月1日以降、一斉に常備券に切り替わりました。それから1800枚近く売れているということは、乗りもしないきっぷの売り上げが、36万円ほどあるということです。  駅の周りは、この薬店と、郵便局、駐在があるくらいです。駅に戻り、さっき乗ってきた列車が浦臼で折り返してくるのを待っていました。

2020_03020809(到着する上り列車)
 新十津川発着の列車には、結構な数の旅行者が乗っていましたが、それ以外は、平日ということもあるでしょうが、乗客は常に5人以下でした。それも、同じ顔が行ったり来たりしているようでした。

 

 

2020年3月 8日 (日)

SL冬の湿原号20周年記念入場券

 道東の釧網本線を走る「SL冬の湿原号」は、今年で運行20周年を迎えます。DLの補機を付けることなく、C11形が単独で14系4両、旧客1両の計5両を牽引しています。先週、オホーツク紋別空港に降り立ち、紋別港から流氷を見に行ったりしていた私は、北海道滞在3日目に、「SL冬の湿原号」に乗りました。去年も同じようなルートで道東を旅していましたが、運転日と折り合いがつかず、SLには乗れず仕舞いでした。なお、今回が初乗車です。SLの記事はまた別に書くことにしますが、今回は記念入場券です。

 釧路行きの快速「しれとこ摩周号」に乗って、標茶で降りた私は、改札を出て、ふと窓口に目をやりました。すると、「SL運行開始20周年記念入場券 発売中」の文字が目に入りました。当然、すぐ列に並びました。

 入場券は、わがまちご当地入場券と同じ大きさのものです。北海道の記念入場券類は、すべてこの大きさに合わせているようです。専用のファイルに入れられるので、これは有難いと思っています。

 SLを降りた客、快速列車から降りた客が、次々と窓口に並び、記念入場券は飛ぶように売れていました。

17000005(標茶)
17000006(釧路)
 その後、バック運転のSL列車に乗り、釧路まで行きました。標茶に記念入場券があったということは釧路にもあるのではないかと思いましたので、「北の40入場券」を買うついでに窓口で聞いてみると、ありますよ、とのこと。よく見ると、掲示がありました。こちらも標茶と同じくらい売れているようです。実際、私の後ろにもぞろぞろと同じ入場券を求める人がやってきました。

 この記念入場券は、事前にJR北海道からプレスリリースが出ていましたが、私は現地で初めて知りました。どうやら毎年出しているものではなく、20周年企画の一環のようです。

 最近のJR北海道は増収策として、こういった記念入場券の発売が盛んにされている印象です。1枚200円のうち、どう考えても150円以上は利益だと思いますし、刷れば刷っただけ売れるので、個人的はどんどん売ればいいと思っています。両駅合わせて6300枚近く売れていたので、100万円は利益が出ている計算になります。

 今春、わがまちご当地入場券のリニューアル版が出るようですので、こちらの発表も待ち遠しいです。その間にも、「北の40入場券」やらなんやらいろいろ発売されていて、北海道へ行ったときは、毎回こういった紙類の出費が結構な金額になっています、、、

 

2020年3月 1日 (日)

相知駅 地下鉄直通2枚きっぷ

 九州シリーズはまだ続きますが、先月末ではなく、昨年9月に戻ります。同じく博多駅前から土砂降りの中、特急「かもめ9号」で佐賀に向かった私は、唐津線に乗り換えました。

 相知で降ります。佐賀からの乗車券持ち帰りは拒否されたので、運賃箱に入れてきました。相知駅前は、小さな集落です。少し歩くと国道が通っていて、こちらの交通量は結構多入れてのですが、バスは駅前に停留所があります。

2019_09020221
2019_09020224 (相知駅)
 この駅も簡易委託で、ピンクの金額券のほか、西唐津・唐津から筑肥線経由、福岡市営地下鉄線内までの2枚きっぷを売っています。着駅は、天神、福岡空港の2種類です。私は天神までを買いました。いずれも、運賃が同額となる駅まで利用できるので、着駅がいくつも書かれています。

15100017
151000272
151000271
 天神までの券は、天神・博多・東比恵・箱崎宮前・六本松と書かれています。空港線だけでなく、中洲川端乗換えの箱崎線、天神から、天神地下街を歩いて天神南乗換えの七隈線まで載っているのが興味深いです。いずれの路線も姪浜接続の連絡運輸が設定されています。

 委託のおばあちゃんは、きっぷを買って、待合室で待っていると、お茶を淹れてくれました。次の列車まで1時間ほどあり、雨なので、そんなに出歩けもしないので、お茶を飲んで待っていました。

2019_09020296 (唐津にて)
 唐津に着いてからはレンタカーを借りて、呼子方面へ観光に行きましたが、さっきまでの雨が嘘のように上がり、晴れて暑い日になりました。夕方の筑肥線103系に乗って筑前前原で地下鉄直通に乗り換え、天神で降ります。福岡市営地下鉄に無効印はなく、いつも「領収済」のスタンプが押されます。なぜか天神でもスタンパーが入りました。

 2枚きっぷなので、もう1枚ありますが、有効期間1ヶ月の間に、もう一度天神から地下鉄に乗る機会はなかったので、こちらは未使用のまま残っています。

 発行日が「平成元年」と、30年前のきっぷのようになっていますが、「令和」の訂正漏れです。2枚きっぷを買ったときに、今日使われますか、と聞かれ、使います、と答えると、相知駅のスタンパーが入りました。

 

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »