« EL上越線美食旅 | トップページ | 津南駅 »

2019年12月31日 (火)

トロッコ幕末維新号

2019_11160101
 トロッコ列車「幕末維新号」は、2017年9月から、「志国高知幕末維新博」にあわせ、土讃線の高知~窪川間で運行されていた列車です。「されていた」と書いたのは、来年4月同区間に新しい観光列車が誕生することに伴って、今年11月末を以って運行を終了したからです。

 これまで「大歩危トロッコ」として走っていたキクハ32-501とキハ185にラッピングを施しています。幕末から明治維新にかけて坂本龍馬をはじめ、土佐藩出身者が明治政府を作っていった歴史から、それに関わった人たちをラッピングに盛り込んでいます。

 四国のトロッコ列車にありがちな、トロッコ車両乗車区間指定制の列車で、トロッコ車両に乗れるのは、上下ともに伊野~土佐久礼間とされています。それ以外の区間は控え車のキハ185に乗ることになります。

21400016
 下り窪川行きは、「志国高知 幕末維新号 龍馬立志の巻」上り高知行きは、「志国高知 幕末維新号 日本夜明けの巻」という名前で、このきっぷを買ったとき、羽後本荘の係員氏に「日本夜明けの巻、、でいいですか??」と不思議がられてしましました。
2019_11160063

2019_11160072
2019_11160071 (窪川にて)
 この列車の運行開始当初は、2両編成で運転されていましたが、空転が多発したことから、高知方にもう1両キハ185を増結した3両編成で運転されることになりました。増結のキハ185は回送車両扱いで乗れません。一時ワープ高知支店が「防げ空転!…」とかいうタイトルでこの増結車両に乗るだけのプランを発売していましたが。

 運行終了直前の11月中旬に乗りに行きました。窪川を1415に出て、高知には1618に着きます。このダイヤ設定自体、時間帯は悪くないのですが、窪川1422着の「しまんトロッコ」は待たず、高知でも1613発の特急「南風」には接続しない、それぞれの5、6分は何とかならなかったのかと思ってしまいました。

2019_11160073
2019_11160074 (空転防止の増結キハ185)
 それはともかく、いくら南国の高知といえども、11月中旬は、日陰に入ると肌寒い気温でした。神戸の実家から日帰りで高知入りしていた私は、上り列車に乗りました。増結車両は回送扱いだと思っていましたが、車販基地になっていました。当然、立ち入りはできません。

 高知大学のとあるサークル団体と地元の企業が共同してこの列車の車内販売を行なっていました。土佐久礼の停車中にトロッコ車両開放の旨の車内放送があり、一斉に移動します。乗車率は5割程度でした。

2019_11160076 (トロッコ車両)
 観光協会の方が観光案内をしてくれていますが、走っているとあまり聞こえません。土讃線で最も海に近い安和駅に少々停車しました。海の近くを走っているようで、土讃線から太平洋を望める地点はもうありません。

2019_11160079 (安和駅からの太平洋)
 伊野まで1時間少しトロッコ車両に乗っていられました。風は心地良いのですが、トンネルに入ると寒くて仕方ありませんでした。伊野は時刻表上では通過になっていますが、実際は運転停車で対向列車待ちをします。ドアも開き、車販の学生さんは降りていきました。ここからは控え車両に乗り換えて高知まで行きます。

 トロッコ列車としては結構長い時間乗っていられ、比較的暖かいこの区間を走るのはよかったと思います。4月からは高知の郷土料理を味わえる観光列車が誕生するようです。そうすると、キクハ32のトロッコ列車はどこへ行くのかが気になります。さすがに廃車にするにはまだ早いので、四国管内のどこかで走るとは思いますが、どこなんでしょうね。個人的には牟岐線とかではないかと思っていますが。

 

*************************************

 さて、令和元年も大晦日になり、あと数時間で年が変わります。今年は、仕事の面では、晴海まで出向することになるなど、変化の大きい年でした。出向先は働きやすいので気に入っていますが。鉄道趣味は昨年とあまり大きく変わることなく、しかしながらANAの飛行機を使う機会が増えたように思います。

 相変わらずの不定期更新ですが、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。さて、そろそろ紅白が始まりますので、また。

 

« EL上越線美食旅 | トップページ | 津南駅 »

指定席券」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EL上越線美食旅 | トップページ | 津南駅 »