« 改元記念都区内パス | トップページ | 増税関連その1 »

2019年11月23日 (土)

きらきら日本海パス

 新潟県村上市から、秋田県にかほ市までの日本海に面した市町村は、広域観光圏の「日本海きらきら羽越観光圏」を組成しています。夕陽が茜色に水面を染め、きらきらと美しい風景を作り出す日本海がキャッチフレーズだそうです。

 JR東日本新潟支社では、この観光圏を周遊するために「きらきら日本海パス」というフリーきっぷを発売しています。時刻表には掲載されていませんが、新潟支社のHPにはしっかり載っています。同支社のフリーきっぷは、時刻表に掲載されていないものが多いような気がします。なぜかは知りませんが。
31100013 
 2日間有効、発売価格は2610円で、フリーエリアは、以下の通りです。

1.JR
  羽越本線 坂町~羽後本荘
  米坂線  坂町~越後下関
  陸羽西線 余目~古口

2.由利高原鉄道
  全線

3.庄内交通バス
  あつみ温泉駅~温海営業所
  鶴岡駅前~湯野浜温泉・由良温泉・湯田川温泉・羽黒山頂
  酒田駅前~鶴岡駅前
  酒田駅前~山居倉庫前
  鶴岡市内循環バス

4.新潟交通観光バス
  村上営業所~松喜和・岩舟町駅・縄文の里朝日

 これだけ乗れて、2610円は、価格設定を疑います。坂町~羽後本荘間の羽越本線に乗るだけで、片道3410円しますので、これだけで元が取れてしまいます。JR線のみならず、周辺に点在する温泉や観光地を周遊してもらうことが目的のきっぷですので、主要な観光地へ行くバス路線はほぼ網羅されています。

 9月30日までは、酒田市内の循環バスも使えていましたが、10月1日以降は利用不可となりました。

 発売箇所は、フリーエリア内のみどりの窓口・指定席券売機に加え、新潟、新発田の窓口、指定席券売機でも発売しています。「いなほ」に乗って、新潟から直接フリーエリアに入る旅客を想定してのことだと思います。

2019_11040011
2019_11040013 (由利高原鉄道矢島駅)  
 11月の3連休に、丁度「新潟・庄内DC」開催中の羽越方面へ向かいました。新潟の9分乗り換えの間に、窓口でこのきっぷを購入し、「いなほ」で羽後本荘に向かいました。由利高原鉄道に乗り換え、矢島に行きます。矢島駅売店のおばあさんに2年ぶりに会いに行きました。この前訪ねたのは冬で、昼食をごちそうになったりしました。。

2019_11040049 (日本海の夕日)
 この日は酒田市内に宿泊し、翌日は、ホテル近くのイオン酒田南店から、庄内交通バスの鶴岡行きに乗りました。このバスは、土休日の本数が急減するので要注意です。酒田南と三川の2つのイオンを経由するのが面白いです。庄内交通バスは、運賃表示器がなく、運転士横に、紙の運賃表が備えてあり、停留所ごとに運転士がそれをめくっています。

2019_11040056 (イオン酒田南にて)
 鶴岡駅前で、羽黒山頂行きに乗り換えます。駅前は結構並んでいたので、3分ほど歩いて、始発のエスモール鶴岡から乗りました。線路沿いを歩くと着きます。

2019_11040068 (羽黒山五重塔)
2019_11040085 (出羽三山神社)
 羽黒山の五重塔を見て、出羽三山神社までの2446段の石段を歩いて上がり、参拝したあとは、バスで下山しました。駅までは行かず、「やまぶし温泉ゆぽか」で下車。昼食にし、1時間くらい温泉に浸かっていました。露天風呂にいると雨が降ってきましたが、、、

 バスで鶴岡駅に戻り、1549発の快速「海里」で、きらきら羽越観光圏を後にします。

 今回、村上市内の観光はしませんでしたが、合計10040円分乗ったようです。2日間有効なので、しっかり観光したい場合にはおすすめのきっぷです。

 

« 改元記念都区内パス | トップページ | 増税関連その1 »

企画切符」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 改元記念都区内パス | トップページ | 増税関連その1 »