« 総販入場券発売終了 | トップページ | 改元記念都区内パス »

2019年11月15日 (金)

スーパービュー踊り子

2019_06290113 (伊豆急下田にて)
バブル華やかりし頃、伊豆観光の豪華特急列車として、特急「スーパービュー踊り子」が登場しました。登場後、一度リニューアルされ、グリーンと白を基調とした車体になっています。全車指定席で、グリーン車2両は2階建て、1号車グリーン車の1階部分はグリーン利用客専用のサロン室で、2号車1階は、4人用グリーン個室とされています。普通車もハイデッカー構造で、天窓も付いた眺望の良い車両です。

 グリーン利用客には、ウェルカムドリンクがあり、昨年3月まではサロン室で、カレーも食べられました。普通車のほうも、開閉されるドアは固定されており、すべての車両から乗り降りできるわけではありません。ドア口には、専属のアテンダントが立っており、一人一人のきっぷを確認しています。

2019_06290117
2019_06290114 (ドア口に立つアテンダント)
 そんなバブルの面影を残す「スーパービュー踊り子」ですが、後継のE261系「サフィール踊り子」の新造が発表されたこともあり、引退の時が近付いています。

 小学生だったころの伊豆旅行で、熱海から伊豆急下田までグリーンの先頭展望室に乗ったことがありますが、それから10年以上ご無沙汰していました。乗ろうにも、A特急料金適用の列車で、結構お高い、というのも理由の一つです。伊豆方面は、戦前から富裕層の保養地として開発されてきた歴史があり、列車も、グリーン車の比率が高めになっています。


2019_06290118
 6月末に伊豆急100系引退記念乗車会に参加した帰り、伊豆急下田から新宿まで乗りました。車齢はまだ20年少しなので、廃車にするには勿体無い気もし、どこかで観光列車として再活用されれば、とは思いましたが、天窓周りなど、大分くたびれた印象を受けました。

21100025
 土曜日の上り列車、ということもあり、宿泊客が大半を占める伊豆観光客の姿は少なく、列車は閑散としていました。天井まで回り込んだ大窓からの景色は、晴れていれば、それはそれは見事なものです。

 「サフィール踊り子」の登場後、251系がどうなるのかの公式発表はありませんが、全車グリーン車で、更に上級の「プレミアムグリーン車」が設定される同列車が登場すれば、おそらく引退するのではないか、という気がしています。

 

« 総販入場券発売終了 | トップページ | 改元記念都区内パス »

特急券」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 総販入場券発売終了 | トップページ | 改元記念都区内パス »