« 北常盤 | トップページ | おおさか東線 »

2019年9月 5日 (木)

西大山駅記念入場券

 JR最南端の西大山駅は、指宿枕崎線にあります。2003年に沖縄のゆいレールが開業するまでは、日本最南端の駅でした。現在は、同線の赤嶺駅になっています。

2019_09020037 (西大山駅ホームより)
 西大山駅は、無人駅ですが、ホームから薩摩富士と呼ばれる開聞岳が綺麗に見えます。開聞岳の麓は菜の花の生産が盛んな地でもあり、春先には、黄色の絨毯が広がるそうです。指宿枕崎線の指宿・山川以南は、列車本数が少なく、上り8本、下り7本しかありません。

 西大山は無人駅ですので、駅でのきっぷ発売等は行っていません。しかしながら、指宿駅で、「西大山駅記念入場券」を発売しています。指宿駅では、「西大山往復きっぷ」の掲示もありましたが、窓口で聞いてみたところ、こちらは普通のマルス券だそうです。

350000061_20190905204501 350000062_20190905204501  
 ちなみに、鹿児島中央から西大山まで「指宿のたまて箱」往復、又は、知覧経由片道路線バスが利用できる「指宿レール&バスきっぷ」(3090円)という企画きっぷの設定もあります。指宿で途中下車し、西大山まで往復すると、それだけで2560円(往復鉄道利用)なので、かなりお得です。

 つい先週、鹿児島空港に降り立った私は、観光列車「指宿のたまて箱」で指宿に着きました。秋雨前線が停滞していて、九州全域が雨の日でした。1127発の枕崎行きに乗り継ぎました。18きっぷシーズンですが、車内は閑散としていました。途中駅で地元の人が乗ったり降りたりしていましたが、空いているボックスもあるほどでした。

 西大山では3分ほど停まりました。観光停車だそうです。最南端の碑と開聞岳を撮りました。車で来ている人も多く、列車が発車したあとも何人かホームに残っていました。

 枕崎に着いた私は、名物の鰹料理を食べ、旧南薩鉄道代替バスに乗り、加世田経由、伊集院へ向かいました。

« 北常盤 | トップページ | おおさか東線 »

企画切符」カテゴリの記事

入場券」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北常盤 | トップページ | おおさか東線 »