« まる得ひかり・こだま | トップページ | AIRDOきた北海道フリーパス »

2019年7月21日 (日)

おうめ

 今年3月のダイヤ改正まで、東京~青梅間を結んでいた「青梅ライナー」に変わり、改正後は、特急「おうめ」が走っています。「青梅ライナー」時代は、朝の上り1本、夕方から夜の下り3本でしたが、「おうめ」は、上下とも1本になっています。

 ダイヤは、「青梅ライナー」時代とほぼ同じです。

[上り]2号

青梅0616発→東京0731着

[下り]1号

東京2230発→青梅2347着

Img_4265 (立川にて)
 下りは、ちょっと遅い気もします。改正前はこの時刻で「中央ライナー7号」が走っていましたが、金曜日や年度末を除くと、基本的にがらがらでした。「おうめ」がどうなのかはよくわかりません。

 中央線特急は、全車指定席化と同時に料金改定がなされ、東京・新宿から、立川・八王子、拝島、河辺までは750円ですが、東京から青梅まで乗ると、1000円に跳ね上がります。これまで510円だったのが、倍になったので、青梅から乗る人は減ったのかもしれません。

 しかしながら、朝の上りは、10分後に、八王子からの「はちおうじ4号」が続行しているにも関わらず、常に満席です。それも、えきねっとチケットレスの事前予約をしている通勤客が大半のようで、1ヶ月前10時の発売開始と同時に瞬殺されます。

21100022
 朝の出勤時間は、大体決まって、いつも同じでしょうから、乗ると決めれば、さっさと事前予約をしてしまうのだと思います。えきねっとチケットレスの事前予約では、最大2ヶ月間、一度の操作で予約ができます。しかも、曜日のボタンを押すと、当該曜日を全部選択可能、そのあとで特定の日だけを外すことも可能、という優れものです。かく言う私も、毎朝「はちおうじ2号」をまとめて確保しています。ちなみに、「はちおうじ4号」も同じく瞬殺されています。2号は少し早いので、瞬殺、ということはありませんが、毎朝ほぼ満席です。

 よって、上りの「おうめ2号」は、ふと思い立って、座って乗れる列車ではありません。たまたまえきねっとを見ていて空席を見つけたときに、乗ってきました。立川からの乗客もかなり多いです。このときは出勤時間に比して早すぎました。今は晴海に出向していて、かつ朝早いので、「はちおうじ2号」で丁度良いのですが。乗ってしまえば、「はちおうじ」も「おうめ」も同じです。

 朝の上り通勤特急は、増発すれば幾らでも乗る人はいると思いますので、日常的な利用者としては、増発を望んでいるところです。「はちおうじ4号」の前身の「中央ライナー4号」は最近増発された列車ですが。

« まる得ひかり・こだま | トップページ | AIRDOきた北海道フリーパス »

特急券」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まる得ひかり・こだま | トップページ | AIRDOきた北海道フリーパス »