« 「令和」ゆかりの地、太宰府市坂本八幡宮 | トップページ | まる得ひかり・こだま »

2019年7月 9日 (火)

にちりんシーガイア

 日豊本線の特急列車は、概ね次の3つの区間に分かれています。

 1 博多~大分間 「ソニック」

 2 大分~宮崎(宮崎空港)間 「にちりん」

 3 宮崎~鹿児島中央間 「きりしま」

 「ソニック」が毎時2本のほかは、毎時1本が原則です。しかしながら、これらはあくまでも原則であり、延岡~宮崎空港間の「ひゅうが」や、霧島神宮発着の「きりしま」、小倉発の「にちりん」があります。

2019_01280101 (宮崎にて)
 特急「にちりんシーガイア」は、博多~宮崎空港間を通しで運転する列車で、大分で系統分離される前、博多~宮崎間を結んでいた「にちりん」の後継列車といえます。783系、又は787系で運転されており、振り子機能はないものの、博多~大分間の所要時間は、「ソニック」とさほど変わりません。この列車が存在すること、及び従前は大分での乗り継ぎがなかったことに鑑みて、大分で「ソニック」と「にちりん」を乗り継ぐ場合は、特急料金、及びグリーン料金を通算することになっています。

2019_01280103 (787系)
 大分以南と福岡県内を直通する旅客は結構多くいるようで、私は1月下旬に宮崎から行橋まで乗りましたが、指定席の乗客は、殆ど動きがありませんでした。小倉か博多まで行くのでしょう。

 福岡~宮崎間は、航空路線もありますが、列車での移動需要も高いようです。JQカード会員限定にはなりますが、JR九州ネット予約「eきっぷ」を使えば、特急券のみで1650円、九州ネットきっぷ(乗車券つき)であれば、5660円と、かなり安くなります。正規料金は8220円です。

21100018
 なお、特急「にちりんシーガイア」は上り2本、下り1本が運転されています。私が乗ったのは、上りの2本目で、787系の運転でした。行橋に着いたのは、2211で、駅前のビジネスホテルに泊まりました。このときは、西日本周遊ふっこう割を使うために、福岡県内まで行って宿泊しようと思い、宮崎から「にちりんシーガイア」でギリギリ福岡県内の行橋まで向かったのでした。

 余談ですが、ネットきっぷの値段を調べようと、JR九州のネット予約サービスにログインしてみると、いつの間にか予約画面が変わっていて、これまでは、一度で、特急券のみか乗車券つきか、はたまた通常料金かeきっぷかを選べていたところ、「支払い」のフェーズまで行って初めて乗車券付き、不要、を選択できるようになっていました。フェーズが「支払い」になるので、クリックするのを一瞬躊躇いました。特急の乗車区間ごとに乗車券を分割させよう、という意図なのでしょうか。よくわかりませんが、前のほうが使いやすかったような気がします。

« 「令和」ゆかりの地、太宰府市坂本八幡宮 | トップページ | まる得ひかり・こだま »

特急券」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「令和」ゆかりの地、太宰府市坂本八幡宮 | トップページ | まる得ひかり・こだま »