« 「国土交通省」 | トップページ | 「令和」ゆかりの地、太宰府市坂本八幡宮 »

2019年6月18日 (火)

博多駅臨発

博多駅には、GWや年末年始、お盆休みなどの繁忙期に、臨時のきっぷ売り場が出ます。中央改札を出て、地下鉄に降りる階段の前あたりに、テーブルを出して、きっぷを売っています。

50dae4466dc44e90bd247cd0e46b75cc (博多駅)
 マルスではなく、E-POS端末を持って来ているので、発売範囲は限られます。E-POSには、中継で指定券を発券する機能もありますが、博多駅の臨発では、指定券の取扱いはなく、乗車券、自由席特急券、2枚きっぷ等の一部の企画きっぷのみの発売とされています。

D6722e20aaff447ab19431ef552567df
 こういった臨発は、現金のみの場合が多い印象ですが、クレジットカードも使えます。「九州C制」の印字がなされるE-POSの機能の一つです。

 令和に変わる直前の10連休に、福岡を訪れていたので、ここできっぷを買いました。みどりの窓口が1つしかない(元々2つあったが、閉鎖された)ので、この臨時きっぷ売り場にも、列が出来ていました。係員氏は2人体制で、ノートパソコンで区間等を打ち込んで、発券しています。

 史上初の10連休とあって、博多駅構内に限らず、福岡市内、どこへ行ってもキャリーケースを運ぶ人の姿が多く見られました。私は、神戸の実家を足掛かりにして、1泊2日で福岡に来ていたので、軽装でしたが、、、

Cecdd44aa0e248988f0e5ce470e79ad8 (特急「ソニック51号」)
 次の日使う予定だった、博多→小倉間の特急券を買いました。この区間は、70km近くありますが、510円です。

 この臨発は、小倉駅にもあるようで、博多は最繁忙期のみなのに対し、小倉は土日に恒常的に発売しているらしいです。

« 「国土交通省」 | トップページ | 「令和」ゆかりの地、太宰府市坂本八幡宮 »

乗車券」カテゴリの記事

発行箇所雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「国土交通省」 | トップページ | 「令和」ゆかりの地、太宰府市坂本八幡宮 »