« 京阪連絡の乗継割引 | トップページ | 銚子電鉄 連絡補充券 »

2019年3月30日 (土)

京王連絡の連続補充券

  社線連絡券は、発売できる券種が、社線ごとに定められており、旅客連絡運輸取扱基準規程の別表に一覧で記載されています。発売出来るのは、片道、往復、連続の、多くとも3種類で、片道のみの会社、連続まで全て発売できる会社など、様々です。一般的には、連続を扱える会社は、京王、京急など、一部に限定されており、数少ない印象です。

 さて、連続を扱える社線で、例えば、智頭急行や北越急行のように、マルスに運賃登録がなされている会社については、通常のJR券と同様に発売できますが、社線連絡券となると、金額入力(以下「額入」といいます)が必要な路線が、首都圏を中心に多く存在しています。

 では、額入の必要な社線連絡において、連続乗車券を発売しようとすると、どうなるのか、を考察していきます。というのも、一般的な額入は、マルスの「金額入力」画面から、社線との接続コード、社線の営業キロ、運賃を手入力し、JR部分は自動計算の上、発券されますが、この画面からは連続乗車券を発券できません。それでは、「連続」乗車券を発売する画面から入ると、今度は、額入ができません。

 そうすると、発売できないのか、ということになりますが、額入には、もう一つ、「基準額入力」という画面があります。この画面からは、JR部分、社線部分を含めて、全て手入力が必要となり、実質的に補充券に記入する内容を、ただマルスで打ち込んでいるだけのような操作が必要ですが、ここから入ると、連続乗車券も選択できるようです。ただ、経路情報や、連続「1」「2」の部分は手書きとなり、マルスには一切の情報が残らない、という難点があります。

 さきほど、「ようです」と書いたのは、私は、この方法での発券を受けたことがないからです。もう一つ別のやり方があります。ここまで来ると、もはやマルスでは出来ない、のとほぼ同義なので、補充券による発券をされました。

 東京駅の丸の内地下窓口で、「東京→下北沢(渋谷接続)」と「下北沢→代々木(同左)」の連続乗車券を依頼すると、まず窓口氏は、連続画面から入りました。そうすると経路情報は出て来るものの、金額が出ず、エラー。次に額入画面から入って、何もせず、奥に引っ込みました。そうして、少し時間かかりますけど、と前置きしたうえで、そのまままた奥に入りました。

 10分ほどして、できました、と2枚の出札補充券を出してくれました。POS端末でクレジットカード処理を行なって、終了です。「東C」の印を捺すのを忘れていますが、すぐ使うので問題ないでしょう。東京駅から、山手線外回りで渋谷に行き、玉川改札から出ます。有人通路を通りましたが、係員氏は、きっぷをしげしげと眺め、だいぶ経ってから、「みどりの窓口で買いました?」とだけ言いました。この短距離で補充券なので、不思議に思ったのかも知れません。
15200003 (連続1)

15200004 (連続2)

 京王井の頭線の改札は、あっさり通れました。下北沢で一旦降りて、用事を済ませ、再度京王の改札に向いました。すると、係員氏は、「えーっと、鋏、どこやったっけ」と改札鋏を探しだしました。てっきりスタンパーだとばかり思っていたので、文字通り「入鋏」されたときは、少々驚きました。首都圏の大手私鉄でまだ改札鋏が現役だとは思いませんでした。

 代々木の係員氏は、めちゃくちゃ丁寧に無効印を捺してくれ、なんかめちゃくちゃ大事にされたきっぷになりました。

« 京阪連絡の乗継割引 | トップページ | 銚子電鉄 連絡補充券 »

補充券」カテゴリの記事

社線連絡券」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京阪連絡の乗継割引 | トップページ | 銚子電鉄 連絡補充券 »