« ホームライナー中津川 | トップページ | 豊田の連絡券(券売機) »

2019年2月18日 (月)

波子駅

 山陰本線の波子駅は、特急も停車する駅です。「波子」は、「はし」と読みます。特急停車駅ですが、マルス端末は無く、簡易委託駅です。簡易委託とはいえ、POS端末でも常備券でもなく、車発機できっぷを発売しています。1990年に無人化されたあと、2000年に、「しまね海洋館アクセス」が開業したことで、簡易委託駅となりました。
2018_11180115_2(波子駅駅舎)

 

 夏季には、特急が臨時停車することもあり、なにがあるのかと、前から気になっていましたが、車で走っていて、よくわかりました。駅のすぐそばに、石見海浜公園の海水浴場や、その他の運動競技場などがあります。そこへの行楽客が乗り降りするのでしょう。
2018_11180114(窓口)

 

 西日本豪雨の影響で、3ヶ月発売延長された「山陰めぐりパス」を使って、鳥取県、島根県を旅していた私は、3日目の朝、浜田のホテルを出て、レンタカーで松江方面へ向かっていました。西の方から黒い雲が近付いていて、その雲に追い付かれ、抜かされ、しながらの旅でした。国道9号線は、海岸線に沿って走る区間が多く、時々海を眺めに、車を停めていました。

 

 「→波子駅」の看板を見つけたので、狭い路地に入って、少し高台になっている波子駅の駅前に着きました。駐車場があったので、車を置いて、きっぷを買いに行きました。
2018_11180121(赤い石州瓦の町並み)

 

 駅舎の中ではなく、駅舎を出て、すぐ左に窓口がありました。窓口は駅舎の一部に含まれていました。委託のおばちゃんに、「きっぷだけ買いたいんですけど」と言って、隣の敬川までと、入場券を買いました。「大人でいいの?」と聞かれました、、、

17000003_2

 

17000004_2

 きっぷは、車発機のレシート券です。入場券は、「波子駅」と書かれているものの、発行駅は江津になっているなど、少し興味深いものではあります。

 

 駅前からは、石州瓦の赤い屋根が連なる街並みが見えました。車に戻り、私はまた、東へと国道を走らせました。

 

 

« ホームライナー中津川 | トップページ | 豊田の連絡券(券売機) »

乗車券」カテゴリの記事

発行箇所雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 波子駅:

« ホームライナー中津川 | トップページ | 豊田の連絡券(券売機) »