« 小田急連絡補充券 | トップページ | 年末・年始京阪神乗り放題きっぷ »

2018年11月11日 (日)

ホームライナー瑞浪

 中央西線の名古屋近郊は、東京の中央快速線と似て、乗客の多い区間です。東海道本線の快速列車系統が最長8両編成なのに対し、中央西線の快速電車は、211系オールロング10両編成などといった輸送力列車が多数運転されています。

 その中央西線には、着席定員制のホームライナーが運転されています。朝の上りが「多治見」2本(多治見始発)、「瑞浪」1本(瑞浪始発)、夕方から夜にかけて「瑞浪」3本、「中津川」(中津川行き)2本が、この順番で走っています。夕方の「瑞浪」3本は、もともと「セントラルライナー」に使われていた313系8000番台の6両編成、それ以外は383系での運転です。383系列車は、特急「しなの」の間合い運用のため、「しなの」の編成両数にあわせて編成は変化しますが、8両でも10両でも、増結車両は締切の回送扱いとし、6両で営業しています。

 313系使用列車については、全車両普通車ですが、383系の列車には、グリーン車が付いており、締切でも普通車扱いでもなく、グリーン車として営業をしています。このグリーン車は、首都圏の「湘南ライナー」などとは異なり、グリーン指定席です。乗車するには、グリーン「指定券」が必要となります。

 東京の中央快速線を走る「中央・青梅ライナー」にもグリーン車指定席がついていますが、こちらは、普通列車用グリーン券(通称「Bグリーン」)料金ではなく、720円のライナー料金とされ、発売駅も普通車と同じく、乗車可能駅に限定されています。時刻表にもその旨の記載があります。

 その一方で、JR東海のホームライナーのグリーン車には、そのような記載はありません。そうすると、通常のBグリーン料金が適用されると考えるのが妥当です。

 その次に、発売駅はどこか、という疑問が湧いてきました。普通に考えれば、ホームライナーなのだから、停車駅に限られるのではないか、と考えられます。

 しかし、①通常の普通列車用グリーン券であること、②指定席であること、を考えると、普通車の乗車整理券とは違って、マルスに収容されているのではないか、と思いました。すると、停車駅だけでなく、全国のみどりの窓口で買えることになります。その一方、ライナー列車という、いわば特殊列車であることから、JR東海では買えても、たとえば首都圏で購入しようとすると、なんらかの制限がかかっているのではないか、とも思いました。

 そこで、7月下旬に首都圏で試してみることにしました。8月初旬に、瑞浪0845発→名古屋0929着の「ホームライナー瑞浪2号」に乗ることとし、まずは、指定席券売機の時刻検索で、「瑞浪→名古屋」、出発時刻「8時45分」を指定しましたが、「ホームライナー瑞浪2号」は候補に出て来ませんでした。ここまではある程度想定の範囲内です。
21600003

 その次に、窓口に行きました。申込書に記入して、窓口氏に渡すと、「自由席グリーン券でよろしいですか」と聞かれました。首都圏の湘南ライナーはそうなので、これも自由席だと思ったのでしょう。私が「指定席で」と言うと、列車名の検索を始めました。「ホ」で検索をかけると、グリーン車のある、名古屋圏のホームライナー列車が全て出てきました。その中から「瑞浪」を選択し、発信ボタンを押すと、いとも容易く出て来ました。
2018_08040007(瑞浪にて)

 よって、普通にマルス収容されており、全国どこでも買えるようです。

 瑞浪から名古屋まで実際に乗りました。きっぷ券面の列車名は、「(ホ)瑞 浪」となっており、これまた、めずらしい表記です。この日は10両編成で、前4両は回送扱いです。グリーン車の乗客はさほどおらず、終点の名古屋まで快適に過ごせました。名古屋到着後は、一旦留置線に引き上げて、折り返し特急「しなの」になるようです。

 ホームライナーのグリーン車には、もう一種類、興味深いきっぷがあるので、それは追い追い紹介したいと思います。

« 小田急連絡補充券 | トップページ | 年末・年始京阪神乗り放題きっぷ »

グリーン券」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホームライナー瑞浪:

« 小田急連絡補充券 | トップページ | 年末・年始京阪神乗り放題きっぷ »