« 新屋駅 | トップページ | 区間変更1 »

2018年10月13日 (土)

「まほろば」・奈良万葉きっぷ

 私が、保管しているきっぷで、今のところ見つかるのは、平成19年8月のものです。そこから集めていた古いきっぷを眺めていると、いろいろなものが出て来ました。廃止になった列車や、三セク化された路線の乗車券など、この10年の間にも日本の鉄道網は大きく変わっているな、という印象を改めて受けました。

 そのときにきっぷを見ていると、もう随分前のことであっても、なにかしらの記憶が蘇って来て、それはそれで面白いです。この頃は、東海道新幹線に乗るにもエクスプレス予約や自由席ではなく、普通に窓口で指定席を買っていたんだな、とかこんな列車あったのか、とか、感想は様々ですが。

 

 そんな中で、ふと目に留まったのが、「奈良→新大阪」と書かれた特急券です。列車名は、「まほろば」。料金は1450円です。奈良発着で指定席のある列車など、昔の急行「かすが」くらいのもので、今はありません。「かすが」時代は、小さい頃に取った奈良駅のポケット時刻表に「急行かすが 名古屋行き」の表記があったのを実家で見たのを知っているくらいで、ほぼ知りません。
21100015

 平成22年6月6日の日付が入ったこの特急券は、「平城遷都1300年祭」に伴って運転された臨時の特急「まほろば」号のものです。藤原京から平城京に遷都されたのは、710年元明天皇の時です。平成22年は2010年ですから、丁度1300年にあたります。794年、鳴くよ鶯、平安京に遷都されるまで約84年間の都だったのは誰もが知るところです。
2010_06060060(平城宮跡)

 奈良は、毎年、春日大社へ初詣に行っていたくらいで、関西圏の人にとっては、わざわざ特急列車に乗るようなところでもありませんし、大和路線には15分毎に「大和路快速」が走っています。遠方から、新幹線で新大阪に来て、乗継割引を適用し、直通で奈良へ行けるように設定されたのが、この特急「まほろば」ということになります。
2010_06060115

2010_06060123(奈良にて)

 1日1往復で、朝、奈良行き、夕方、新大阪行きの運転です。車両は、日根野電車区の381系国鉄色6両編成で、確か自由席もありました。平城宮跡を訪れていた私は、近鉄には乗らず、わざわざJR奈良駅へ出向いた覚えがあります。高架化されたばかりの奈良駅には、「せんとくん」がいて、専用ヘッドマークを掲げた特急「まほろば」が入って来ました。奈良県内最後の停車駅である王寺で、「せんとくん」は降りて行きました。
2010_06060112

2010_06060124(「せんとくん」)

 新大阪までは1時間くらいで、大和路快速で大阪に出て、JR京都線に乗り換えるのと大して変わりません。梅田貨物線に入って直通します。このときは梅田貨物駅がまだ機能していました。今は、グランフロント大阪、として大規模な再開発がなされていますが。

 ところで、この特急券は、「B特急券」となっています。関西圏は大体がB特急料金区間ですが、奈良は定期列車がないので対象外です。しかし、「まほろば」号の運転期間約3ヶ月のみ、B特急料金区間として設定され、時刻表にも記載されていました。運転終了後、その記載はなくなりました。
331000011

331000012

 奈良への往復には、当時発売されていた「奈良万葉きっぷ」を使いました。奈良県内のJR全線がフリーになり、発駅からの往復込みというもので、三ノ宮からは1300円でした。三ノ宮⇔奈良を往復するだけで1600円(平成30年価格)なので、破格に安かったようです。

« 新屋駅 | トップページ | 区間変更1 »

特急券」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「まほろば」・奈良万葉きっぷ:

« 新屋駅 | トップページ | 区間変更1 »