« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月の2件の記事

2018年8月12日 (日)

快速「飯田線80周年アルプス号」

 昨年の7~9月に、「信州デスティネーションキャンペーン(信州DC)」が開催されました。長野県内のJR各線では臨時列車が数多く走り、各地でイベントが開催されました。今年は、アフターDCとしてまた様々な企画が実施されるようです。
2017_08200038(市田にて)

 このDCでは、JR東日本とJR東海の共同企画が多く、例えば、新宿-木曽福島間の特急「木曽あずさ」、名古屋-上諏訪間の特急「諏訪しなの」など、中央東西線を直通する列車が設定されたことも真新しいです。

 JR東海の飯田線では、中央東線の臨時列車にあわせて、快速「飯田線リレー号」が運転されたり、好評の「飯田線秘境駅号」を走らせたりしていました。飯田線は、丁度全通から80周年の節目を迎えたこともあり、80周年記念列車も走りました。飯田線が全通したのは、1937(昭和12)年のことで、大嵐-小和田間が最後の区間でした。日中戦争が泥沼化し、国内の電力開発が急務となっていた時世柄、天竜川の水力発電所開発の為に工事が急がれた、とされています。この区間は難工事であり、工事の監督にあたった熊谷三太郎(当時、飛鳥組所属)が、その功績をもって、戦後、熊谷組として独立する契機になったとも言われています。

 

2017_08200012(伊那市の出発セレモニー)

2017_08200016(伊那市にて)
 そんな歴史の長い飯田線の80周年記念列車として、南の豊橋からは、急行「飯田線80周年秘境駅号」、北の伊那市からは快速「飯田線80周年アルプス号」が運転されました。

 前者は、373系3両編成の急行「飯田線秘境駅号」の80周年記念列車で、後者は、2日間限りの臨時列車です。
21400006

2017_08200035(伊那大島にて)

 夏休みの青春18きっぷ期間であったため、中央東線を普通列車で下り、辰野から飯田線に入りました。伊那市で下車し、快速「飯田線80周年アルプス号」を待ちます。列車は下り側(辰野側)から入線して来ました。313系8000番台の3両編成です。元々は、中央西線の着席定員制列車「セントラルライナー」に使用されていましたが、平成25(2013)年3月に同列車が廃止されて以来、通常の快速列車に用いられていました。こうして全車指定席の快速列車に使用されるのは、恐らく初めてだと思われます。通常の313系と同様、車内は転換クロスシートですが、カーテン付、簡易デッキ付の車両ですので、520円の指定席料金には見合った設備です。
2017_08200018(駒ヶ根にて)

 飯田線80周年を記念した式典が行われるようで、ホームの飯田寄りでは、伊那市長等の出席する出発セレモニーをやっていました。

 指定券は完売だったようで、私は、最寄りの駅で10時打ち事前受付で取ってもらいました。しかしながら、実際の乗車率は、5~6割程度と低く、一方で、家族連れなどの姿も目立っていました。.

 飯田までの停車駅は、駒ケ根、飯島、伊那大島、市田です。各駅では、地元のみなさんによるおもてなしがありました。
Epson127

Epson128(乗車証明書)

 駒ヶ根では、ゆるキャラがお出迎え。特にイベントなどはありませんでしたが。

 伊那福岡-田切間にある、飯田線名物の通称「Ωカーブ」ではその解説があったり、最急勾配40‰の説明があったりもしました。各車両にJR東海の添乗員が乗っており、乗客には、記念乗車証などの入った冊子が配布されました。その中には、飯田線の駅名が書かれた紙があり、私は「田切」でした。区間は忘れましたが、添乗員の方が、この紙を基にした抽選企画を各車両で行ない、記念グッズが当っていました。箱の中から、駅名の書かれた紙を取り出し、一致していた人が当たりです。私は、残念ながら当りませんでした、、、
11100077

2017_08200023

 飯島駅は、簡易委託駅で、受託氏がきっぷの発売をしていました。私を含め、きっぷマニアが窓口に列を作って、入場券を買い求めていました。JR東海の簡易委託駅は、一部を除き、マルス端末が入っているため、直営駅と区別はつきにくいですが。
2017_08200029

2017_08200028

11100078(伊那大島)

 伊那大島では、地元の方が大勢いらしていて、ホームで、特産品のりんごジュースを配っていたりしました。私は、ここでもきっぷを買いました。前の人が飯田までの乗車券を買っていたので、同じ物を。。
2017_08200036(市田)

 次は市田です。ホームではなく、駅前でテントを立てて、物産展をやっていました。南アルプスの湧き水、というのを配っていたので、一口いただきました。ここも簡易委託駅ですが、あいにく休業日でした。開ければ、そこそこの収益にはなったと思うのですが。
2017_08200041(飯田)

 終点の飯田では、80周年記念列車が2本揃い、地元のテレビ局、飯田市長などが来ていて、セレモニーをやっていました。翌日からは、記念入場券の発売もあるようでした。

 各駅で10分程度の停車時間を取ったこの列車は、地元の方とJR東海がともに地域を盛り立てよう、という意気込みを感じるものでした。一回限りの臨時列車ではありますが、ここまでやっているのは、相当事前の調整があったように思います。
2017_08200106(阿智村の星空)

 私は、次の上り列車で、隣の切石駅へ向かい、レンタカーを借りて、日本一の星空を謳う、阿智村へ車を走らせました。「セブンス園原」というところで、山頂へのロープウェイに乗るのですが、新月かつ夏休み、ということで、2時間待ちでした。。ただ、山頂の星空は綺麗でした。

2018年8月 9日 (木)

流鉄

 常磐線の馬橋から、流山市の流山までを結ぶ流鉄は、全線5.7kmの私鉄です。首都圏にある路線ながら、ICカード利用不可、自動改札の導入はなし、という一昔前の鉄道風景が見られます。各駅に自動券売機はありますが、着駅では、駅員が集札を行なっています。そのため、全駅が有人駅です。
Dscf5313(小金城趾にて)

 自動券売機での乗車券発売がなされていますが、出札窓口に行けば、硬券が普通に発売されています。
16300005

16300002

Dscf5314(鰭ヶ崎駅)

 そんな流鉄ですが、昨年(平成29年)3月4日までは、JRとの連絡運輸を行なっていました。現在は、連絡定期券のみの発売で、普通旅客の連絡運輸は廃止されています。接続駅は、馬橋で、連絡運輸範囲は、東京都区内と横浜市内、及び武蔵野線の一部となっていました。
16300003

16300004
 流鉄各駅の券売機上には、古めかしい運賃表が掲げられ、券売機でも連絡券を発売していました。券売機で連絡運輸範囲内各駅までの連絡乗車券を購入できましたが、窓口でも発売していました。こちらで買うと、補充券となります。発駅は印字されていますが、着駅は判子捺し、又は手書きです。

 平成28年のクリスマスに、馬橋から硬券を買って、まず、小金城趾まで行きました。あたりはごく普通の住宅街です。小金城趾では、両矢印式の硬券を購入し、隣の鰭ヶ崎まで。大根を植えた畑を見つけたりする、本当に郊外の住宅地、という雰囲気です。終点の流山まで乗って、折り返します。また小金城趾で降りて、今度は出札窓口に赴き、東京までの連絡乗車券を頼みました。
Dscf5309(鰭ヶ崎駅)

Dscf5312

 「こっちで買うと、自動改札通れないけどいい?」と聞かれただけで、年配の駅員氏は、ええっと、東京、東京、と呟きながら判を捺し、運賃を調べて、ササッと書いてくれました。
15200001

 小金城趾の次は幸谷です。武蔵野線、常磐線の新松戸駅がすぐ近くにあるので、常磐線に乗り換える乗客の大半はここで降りてしまいました。幸谷-新松戸接続の連絡乗車券はないので、私は馬橋まで行きます。

 馬橋の改札は流鉄と常磐線で分れているので、乗車券を2回見せて通りました。常磐線各駅停車と快速を乗り継いで東京駅まで。丸ノ内地下中央改札で、この乗車券を見せて無効印をお願いすると、若い駅員氏は、なんだこれ、という顔をして、ポンと無造作に判子を捺してくれました。

 

 流鉄の連絡運輸が廃止になったのは、接続駅が幸谷ではなく、馬橋に限られていたことが一因ではないかと思います。連絡乗車券を購入して、幸谷で降り、新松戸から常磐線、武蔵野線に乗り換える誤乗が後を絶たなかったのでしょう。券売機、運賃表ともに、「JR連絡は、馬橋のりかえです。新松戸へは行けません」と大書きされていましたので。

 ちなみに、連絡定期券は、今でも買えますが、こちらも手書きの補充定期券となるようです。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »