« 諏訪湖花火 | トップページ | 流鉄 »

2018年7月25日 (水)

早来駅

 室蘭本線の早来駅は、勇払郡安平町にある駅です。沼ノ端~岩見沢間の室蘭本線は、石炭輸送のために重軌条化された複線区間であり、石炭列車がなくなった今でも、栗山~栗丘間を除いて複線のままです。同区間は、下り線トンネル付近の法面崩壊により、そのまま放棄されました。
2017_10160033(早来駅)

 現在でも、旭川方面の貨物列車が通っていますが、旅客列車は普通列車のみとなっています。早来駅も複線区間にある2面2線の至って普通の駅です。この駅は、簡易委託駅で、駅舎に併設されている「安平町物産館」で、きっぷを発売しています。この物産館は、(一社)あびら観光協会が運営しています。中では、安平町の特産品を売っているほか、待合室もあります。営業時間は8時半~18時となっており、きっぷの発売もこの時間です。
2017_10160029(跨線橋より)

 昨年10月、苫小牧0731発の追分行き普通列車に乗りました。日高線のキハ40系1両で、車内は、通学の高校生で満員でした。この列車は休日運休で、高校生輸送に特化しているようです。沼ノ端でまた大勢乗って来ました。電化の千歳線が分かれていくと、勇払原野にまっすぐ敷かれた複線の線路を90km/hくらいで走って行きます。遠浅に停まると、早来です。高校生も殆ど全員がここで降りました。駅はまだ営業時間前なので、シャッターが下りています。高校生は駅前からバスに乗って行きました。通学用に2台続行で来たのには少々驚きましたが。安平高校へ行くようです。高校生がいなくなると、駅は急に静かになりました。
12100003

 次の岩見沢行きは0900発なので、小一時間あります。駅前は、国道234号線、通称「早来国道」が通っていて、こちらは大型トラックがひっきりなしに走っています。駅舎の中のベンチで待つこと約30分。ようやく観光協会が開きました。
35000005_2

 レジに行って、おばちゃんからきっぷを買います。乗車券は、金額式の総販前出し券があります。補充券等の取扱いはありません。それとご当地入場券を売っています。

 乗車券は、レジ横の棚に、金額別で刺さっていて、一番安い区間のきっぷを買いました。おばちゃんはそれに日付印を入れ、レジで会計を打ち込んでいました。売り上げのうち、どれくらいが委託者に入るのかはよくわかりませんが、いくらかの利益にはなるのでしょう。あびら観光協会というだけあって、昔の室蘭本線のSLの写真が飾ってあったりして、列車までの時間を過ごしました。列車の時刻が近付くと、4、5人がきっぷを買っていました。
2017_10160035(岩見沢行き)

 小雨の降る中、跨線橋を渡った先のホームで列車を待ちます。追分に行くらしい保育園の子どもたちと保育士さんが来て、えらくにぎやかになりました。0900発の岩見沢行きも1両編成でした。

« 諏訪湖花火 | トップページ | 流鉄 »

発行箇所雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早来駅:

« 諏訪湖花火 | トップページ | 流鉄 »