« 東大 | トップページ | 学割適用の金額入力(1) »

2018年3月24日 (土)

松本駅 車急式特急券

 松本駅の改札口右側には、「精算所」があります。新幹線の改札口横には大抵ありますが、在来線の駅にあるのは結構珍しいです。文字通り「精算」をする窓口で、周辺の無人駅から乗って来た旅客から運賃を収受するためにあります。JRだけでなく、松本電鉄の乗客もこの改札口精算所を利用することになり、かつ、在来線の乗客もかなり多いことから、多くの駅で廃止になる中、精算所が残っているのだと思います。しかも、2窓あります。
Img_0854(松本駅改札口)

 この精算所は、精算をする場所であって、きっぷを発売するところではないので、きっぷの発売は原則的に行なわないことになっています。松本までの運賃を精算すると、精算書なるレシートが渡され、それを有人改札で見せて、出場する仕組みになっています。はるか昔は、硬券の出場証が存在していたようですが。
25200001

 きっぷの発売はしない、と書きましたが、あくまでも「原則的には」です。精算所にはマルスがないので、仮に発券するとすれば、運賃を調べて、手書きの改札補充券を発行することになり、かなり手間がかかるので、通常は、改札外へ一旦出場を認めるから、みどりの窓口で買ってください、と言われます。

しかし、全く発券してくれないかというと、そうでもないようです。改札補充券は備え付けてあり、特急券は、自由席用の車急式常備券があります。窓口氏の当たりはずれにもよるのでしょうが、出してくれなくはないです。

Img_0855(特急「あずさ」)

私は、1年前の3月に、実家から東京へ戻るついでに寄ってみました。「特急券を八王子までください」と言うと、改札外の券売機か、車内で買ってください、と一旦断られましたが、「ピンク色のがあると聞いたんですが」と言ってみると、引出しから出して売ってくれました。

常備券といえども、料金(距離)は手で調べなくてはならないので、誤発券のリスクは十分にあります。そのリスクを考慮して、機械に誘導したのだと思います。売りたくない雰囲気でしたので、、、

JRの特急券、急行券で、この車急式はほとんど見かけません。左側のキロ数の駅まで有効ですが、キロ数しか書いてないので、これではパッと見て、どこの駅まで有効なのかがわかりません。

…と、まあ、様々なところに使いづらさが存分に出てますので、普通であれば、使いませんし、マルス券又は券売機券、車発機の方が、旅客側にしてみても、安心です。それで売らないのだとは思います。では、なぜ設備されているのか、という疑問は残りますが。

この券は実際に使いましたが、「あずさ」の車掌氏は、チケッターを捺さなかったので、そのまま手元に残りました。

« 東大 | トップページ | 学割適用の金額入力(1) »

補充券」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松本駅 車急式特急券:

« 東大 | トップページ | 学割適用の金額入力(1) »