« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の1件の記事

2016年11月28日 (月)

京阪連絡券

 京阪電車は、京橋、東福寺、河内磐船(京阪河内森)で連絡運輸を行なっています。

 連絡運輸範囲は、以下の通りです。

(東福寺河内磐船接続)

彦根-(京都市内)-(大阪市内)-神戸(市内)間、おおさか東線、 馬堀-園部間、加茂-久宝寺間、草津線、奈良線、片町線、阪和線

(京橋接続)

上記に加え、関西空港線各駅。

(ただし、接続駅によって、社線側の連絡運輸対象駅が異なります)

 

京橋、河内磐船接続の場合は、マルスに運賃登録があり、経路検索でさっと出て来るようですが、東福寺接続は運賃登録がなく、金額入力になり、発券には手間がかかるようです。
Photo

大阪方面へ用事があった時に、東京へ戻るのに、新大阪からただ新幹線に乗って帰るのは面白くないので、大阪駅中央みどりの窓口へ寄って、

「京橋接続で京阪線の丹波橋までお願いします」と言ってみました。

窓口氏は訝しげな顔をしながらも、マルスを叩いて、(恐らく)経路検索で、金額も出て来たので、

「出来ますね。550円です。京阪の自動改札はたぶん通らないので、係員に見せて下さい」

と、言って、特に赤本(連絡運輸規程別表)を確認することもなく、発券してくれました。

社線連絡券でも、JR西日本の窓口氏は、割と調べて発券してくれる傾向にあります。

 

 京橋はJRの改札を出て、京阪の改札までちょっとあります。自動改札に入れることもなく、係員通路を通りました。丁度8000系の特急が来たので、ダブルデッカーに乗って、丹波橋まで快適に移動しました。丹波橋からは近鉄で京都へ行き、新幹線に乗りました。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »