« 北海道&東日本パス | トップページ | 南十勝・えりも とんがりロード散策きっぷ »

2016年2月22日 (月)

千倉駅

 内房線の千倉駅は、千葉県及び関東地方の最南端に位置する駅です。駅前からは館山日東バスの白浜千倉線が出ており、安房白浜方面へ行くことが出来ます。安房白浜は、野島埼灯台のある海水浴場として有名で、近くには、南房総の温暖な気候を利用したフラワーパークなども多くあります。
2015_0222_0066(千倉駅)

 千倉駅はその入り口として、かつては内房線の特急「さざなみ」が館山から臨時延長運転されていたり、もっと昔には定期列車として、当駅発着列車も存在していましたが、平成27(2015)年3月の改正で内房線特急の大減便、大幅縮小がなされ、内房線定期特急列車は全て君津発着になり、館山にさえ来なくなりました。土休日には特急「新宿さざなみ」が2往復乗入れますが。
2015_0222_0070(209系の内房線列車)

 そんな内房線南側に位置する千倉駅は、平成19(2007)年に駅舎の建て替えがなされ、コンクリート打ちっぱなし工法の新駅舎になりました。今に至るまで館山駅管理の直営駅で、当然、みどりの窓口もありましたが、今年の2月29日を以て廃止されるそうです。廃止後は指定席券売機も設置されず、黒色多機能券売機のみの配置となります。
2015_0222_0049(野島埼)

 一日の乗降客数は400人弱だそうで、私は昨年の2月末に行っていますが、その時は、ローカル線の風情で、年配の方と少しの学生さんがいただけでした。南房総の春は早く、もう菜の花が咲いていたり、風も暖かかったように思いますが、観光客の姿は殆ど無く、寂しい時期でした。
Photo

 窓口廃止がわかっていれば、現地調達のきっぷを買ったのでしょうが、この時は出発前に豊田駅で行程全てのきっぷを手配していたので、発行駅は「豊田駅A1」になっています。自動改札は無く、駅員氏にきっぷを見せて通り、館山駅では3分接続で「新宿さざなみ」(えきねっとトクだ値利用)に乗り継いだので、全く使用痕跡がありませんが、ちゃんと使っています。

明るい新駅舎から窓口が無くなると、もっと淋しくなるような気がしてなりません、、、

« 北海道&東日本パス | トップページ | 南十勝・えりも とんがりロード散策きっぷ »

小記事・雑感」カテゴリの記事

乗車券」カテゴリの記事

発行箇所雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千倉駅:

« 北海道&東日本パス | トップページ | 南十勝・えりも とんがりロード散策きっぷ »