« 特急「スーパーとかち」 | トップページ | 千倉駅 »

2016年2月18日 (木)

北海道&東日本パス

 北海道&東日本パスは、青春18きっぷの東日本版ともいうべき企画乗車券で、原則として普通列車のみ利用可能、連続した7日間有効で10290円での発売です。なお、北海道新幹線開業後は10850円に値上げされます。2002(平成14)年12月から発売されています。発売当初は5日間有効でしたが、2011(平成23)年発売分から7日間有効となりました。春夏冬休みの前後に発売されます。青春18きっぷが曜日配列に関わらず毎年一定期間なのに対し、このきっぷは曜日配列を考慮して毎年若干利用期間に変動があります。
 フリーエリアは、JR東日本及びJR北海道全線に加えて、IGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道、北越急行、富士急行(平成28年3月13日発売分まで)となります。BRTは全線利用可能です。北海道新幹線開業後にJR北海道江差線を経営移管する「道南いさりび鉄道」は対象外です。
Photo_2(消費税増税前のため1万円)
 基本的に普通列車のみ利用可能ですが、急行列車については定期の「はまなす」に加え、各種臨時列車も含め、必要な料金券(急行券及び指定席券・グリーン券・寝台券等)を買えば乗車出来ます。青春18きっぷ同様、普通列車の指定席、グリーン車自由席については指定席券又はグリーン券を買えば乗れますが、グリーン車指定席には乗れません。
 また、津軽海峡線の青森~函館間は、特急列車の自由席に限り、自由席特急券を買えば乗車可能で、奥羽本線の新青森~青森間、海峡線の蟹田~木古内間、石勝線の新夕張~新得間についてはこのきっぷのみで特急列車自由席に乗れる特例があります。
 北海道新幹線開業後は、新青森~新函館北斗間について、特定特急券(立席特急券)を買えば乗れるようになります。その分、560円値上げされることになっています。
 私は東京に来てから、北海道に行くときに何度か利用しました。…と言いつつ、青森まではいつも新幹線なのですが、、、7日間有効と、利用期間の長いのが便利でいいです。18きっぷより安いですし…

 

« 特急「スーパーとかち」 | トップページ | 千倉駅 »

企画切符」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道&東日本パス:

« 特急「スーパーとかち」 | トップページ | 千倉駅 »