« 特急「スーパーカムイ」 | トップページ | 分倍河原駅発行の往復補充券 »

2015年12月31日 (木)

「SL函館大沼号」

2014_080730_0283(函館にて)

 「SL函館大沼号」は、函館~森間を走るSL列車で、主にゴールデンウィークと夏休みに運転されています。往路の森行きは大沼から大沼公園経由で走りますが、復路は、砂原支線を通り、大沼で一旦スイッチバックして、大沼公園まで行き、引き返して函館に至ります。冬季は函館~大沼公園の往復で、「SLはこだてクリスマスファンタジー号」として走っています。全区間で補機としてディーゼル機関車のDE10形(茶色塗装)が後ろにくっついています。蒸気機関車はC11形で、森には転車台が無いため、復路の函館行きは逆向きでの牽引になります。客車は旭川運転所の14系3両にスハシ44-1(一部カフェカー)の4両で、それに車掌車が付きます。車内には様々な装飾がしてあり、車掌氏や客室乗務員はレトロな制服を着ています。
Sl

2014_080730_0287(サボ)

 私は昨年の8月に函館→森間の全区間で乗りました。函館発車は9時前と、SLにしては早目ですが、夏休みということもあって、車内はほぼ満席でした。3号車の指定席を確保していましたが、この車両は旧型客車スハシ44です。網棚は、本当の「網」でした。ボックスの他の3人は函館のおばちゃん3人組でした。

 函館を出ると、暫くは市街地の中を走りますが、来年3月26日には新函館北斗と改称される渡島大野を出ると、山中に入ります。トンネルを出ると、おばちゃん曰く「標高が違うから、だいぶ涼しいでしょ」。「私らが学生の頃は毎日こんな汽車で通ってたんよ」と昔の話もしてくれました。そのおばちゃん3人組は大沼公園で降りて行きました。このおばちゃん達だけでなく大半の乗客がここで降りました。駅前から観光周遊ルートがあるみたいです。ログハウス風の駅舎でリゾート感がありました。

 駒ヶ岳を左に見ながら、列車は山を降りて行きます。どっかの駅で特急「北斗」とすれ違いました。「北斗」の方が、この列車を待っていました。ちょっと遅れていたのかもしれません。貨物列車とも頻繁にすれ違いました。やはり函館本線は本州対北海道の大動脈なのです。
2014_080730_0329(旧型客車スハシ44車内)

Sl_2(記念乗車証)

 姫川を出ると、右手に明るい内浦湾が見えました。そうするとまもなく終点の森です。森に着くと機関車はすぐ外されて、給水塔に向いました。駅を出て右手に少し歩くと、側線で休んでいるSLの姿を見ることが出来ました。知っているのか、結構な人が来ていました。
2014_080730_0321(車掌車の車内)
2014_080730_0359(森にて整備中のC11)

 北海道地区のSL列車は釧網本線の「SL冬の湿原号」を除いて今後は運転されないことが発表されています。国土交通省が、過密線区における機関車には例外なく新型ATSの設置を義務付けたのですが、JR北海道にはSLの保安装置を大改造してそれに対応する資金力が無いこと、また、北海道新幹線の開業準備に追われてSLどころではないこと、昨今多発する事故対策としての安全性向上に専念するためだそうです。北海道新幹線開業後も残っていれば間違いなく観光資源の一つになったと思うのですが、、、

【年末です、、、】

 年末の大晦日になりました。今年の3月にこのブログを書き始めて、途中で止めてしまうことなく、何とか年を越すことが出来ました。中々定期更新という訳に行かず、申し訳ありません。不定期更新で、更新が長らく途絶えるようなこともありましたが、それでもずっと見て下さっている方がいるというのは非常に嬉しい限りです。ありがとうございます。来年もこんな感じで続けて行こうと考えておりますので、ご贔屓にして頂けたらと思います。それでは、よいお年を。

« 特急「スーパーカムイ」 | トップページ | 分倍河原駅発行の往復補充券 »

指定席券」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「SL函館大沼号」:

« 特急「スーパーカムイ」 | トップページ | 分倍河原駅発行の往復補充券 »