« 御茶ノ水駅MV50型発行 | トップページ | 50本目 出札補充券(大津→立川) »

2015年11月12日 (木)

寝台特急「サンライズ出雲」(シングルデラックス)

Photo
 寝台特急「サンライズ出雲」は、東京~出雲市間を東海道山陽伯備線経由で結んでいる寝台特急です。平成8(1998)年7月にそれまで山陰本線経由で東京と出雲市を結んでいた客車寝台特急「出雲」2往復の内1往復を置き換える形で運転を開始しました。それまでの客車列車とは異なり、新製の285系7両編成で運転され、全車2階建て、寝台は全て個室となり、陳腐化老朽化が進んでいた寝台列車に新しい風を吹かせた新時代の列車と期待されました。最終の新幹線より遅く出発して朝一番の新幹線より早く着く、という時刻設定で、新しいニーズを取り込みました。現在では寝台特急「カシオペア」が実質上の定期列車ではありますが臨時扱いなので、日本国内唯一の定期寝台特急となっています。運行開始当初から人気が高く、姉妹列車の「サンライズ瀬戸」(東京-高松、岡山で分割併結)と共に乗車率は高めです。他線区にも投入されるかと思われていましたが、285系の新製は7両5編成に留まり、それ以上増えることは今に至るまでありませんでした。
2013_122326_0083(出雲市にて)
 人気の高さは全室を個室にしたことだと思われます。従来のソロより広い「シングル」(B個室)が主体で、これ以外に「ツイン」(B個室)、「シングルデラックス」(A寝台)、指定席特急券のみで乗車できるカーペット敷きの開放型「ノビノビ座席」があります。内装は住宅メーカーが参画した木目基調の落ち着いたもので、ホテル並みの快適性を確保しています。食堂車などはありませんが、シャワー室やミニラウンジもあります。
 下り列車は東京駅を22時00分に発車します。私は年末の12月22日に帰省を兼ねて出雲市まで乗りました。寝台券はたまたま学祭で休みだった平日に吉祥寺の窓口に並んで10時ちょっと過ぎに打ってもらいました。禁煙は満席になっていましたが、喫煙であれば取れました。個室なので禁煙だろうが喫煙だろうが基本的にどっちでも左程関係ありません。
2013_122326_0026_2(机と洗面台)

2013_122326_0028(ベッド)
 車内に入ると寝台列車独特の細い廊下を歩き、階段を上がって自室に至ります。室内には窓際にベッドがあり、机と洗面台があるだけのシンプルなものですが、一人で過すには十分な広さがあります。机の上にはアメニティグッズが置かれており、その中にはシャワーカードが入っています。A個室シングルデラックスの乗客には同じ車両内に専用のシャワールームがあり、無料で利用できます。他の車両にもありますが、こちらは車内の券売機でシャワーカード(320円)を購入する必要があります。
2013_122326_0049(シャワールーム操作盤)
 ベッドメイキングは各自ですることになっていましたので、乗り込んで東京駅八重洲口側のオフィス街有楽町の夜景を眺めながら暫く過ごしていました。検札はA個室からするようですぐに来てくれましたが、放送でも言っていた通り「全室個室なので検札に相当の時間がかかります」。発車が22時と遅いので、横浜を出たあたりでシャワーを浴びに行きました。幸い誰もいなかった(A個室専用なので使うのは全部で6人ですが。)のでゆっくり出来ました。一応一人30分までです。中は狭いですが、車両が比較的新しいこともあって、中は綺麗でした。シャワーを浴びた後は自室に戻って眠りにつきました。

 岡山の手前で目が覚めました。「おはようございます。今日は12月23日月曜日です。列車はまもなく岡山に着きます」という寝台列車独特の6時の放送でした。これを聴く機会は、もう殆どありません。まだ眠いので新見に着く頃までまた眠りに落ちました。新見は7時半頃の到着だったように思います。その頃には西日本の遅い夜明けも既に迎えており外は明るく列車は中国山地の山間をゆっくり走っていました。昨夜東京駅で買い込んだ朝食を食べ、車窓を眺めていました。以前は岡山から車内販売がありましたが、いつの間にか無くなっていました。
2013_122326_0078(洗面台の壁は全面鏡。朝撮影。)
 大山は伯備線内では反対側の窓からしか見えないので、部屋にいた私は見れませんでした。米子に到着です。ここから先はこまめに停まります。
2013_122326_0061(車窓からの大山)
 山陰本線に入ってから大山は見えましたが、宍道湖も反対側です。宍道、松江を過ぎるとまもなく終着の出雲市です。出雲市には9時58分の到着でした。東京駅を出てから11時間58分です。サンライズ系統は高松着が7時27分、東京駅着が7時08分と早い中、この列車だけは朝起きてからもゆっくり出来ます。広い部屋で快適に過ごせました。北海道行きの寝台列車が来春で全廃となりますが、この列車は当分、残りそうです。また乗りたい列車でした。

 

« 御茶ノ水駅MV50型発行 | トップページ | 50本目 出札補充券(大津→立川) »

寝台券」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寝台特急「サンライズ出雲」(シングルデラックス):

« 御茶ノ水駅MV50型発行 | トップページ | 50本目 出札補充券(大津→立川) »