« 「伊予灘ものがたり」 | トップページ | 駒場東大前駅 京王電鉄100周年記念入場券 »

2015年10月12日 (月)

快速「富士登山電車」

Photo
 富士急行の快速「富士登山電車」は平成21年8月8日から大月~河口湖間で運行しています。乗車には200円の乗車整理券が必要となります。2両編成でそれぞれ「赤富士」「青富士」という愛称がついています。運行開始当初は普通列車としての運転で、「青富士」車両は乗車整理券無しで乗れましたが、平成22年3月13日以降は快速列車として運転され、全車が乗車整理券の必要な車両となりました。デザインは見ての通り、「水戸岡鋭治」一色です。内装も「水戸岡鋭治」一色で、窓向きのベンチシートや本棚、ショーケース、フローリングの床などなど。
2013_0512_0043(河口湖にて)
 乗車整理券は当日駅の窓口で購入するか、または富士急行で電話予約を行なっています。電話予約の対象区間は大月~下吉田・富士山・富士急ハイランド・河口湖間のみとなっています。毎日7時30分から22時00分までの受付です。予約の際は確か、氏名と電話番号、受取駅ぐらいを訊かれたように思います。ちなみに私は1週間ほど前に電話予約をしておきました。予約をした後は、指定した受取駅の窓口で乗車整理券を受け取ります。料金を払うのはこの時です。紙の台帳で管理しているようで、「えっと、~様ですね」と赤鉛筆で台帳に受取の印を入れていました。このため、指定した受取駅以外で受け取ろうとすると少々ややこしいことになりそうな気がします。
 私は2年前の5月に利用しました。本栖湖近辺で富士芝桜まつりが開催されており、それの往路として大月~河口湖間で乗りました。大月が11時18分発だったため最寄駅を10時少し前に出てE233系の各駅停車で大月へ向い、富士急行の窓口で乗車整理券を受け取りました。車内はがらがらで、私の乗った「赤富士」車両には5、6人いただけでした。
 途中下吉田での交換待ちの時間を利用して、保存されているスハネフ14を見学に行きました。私が鉄道マニアだということは客室乗務員の方にもすぐ知れてしまったようで、「ブルートレイン見に行かれますか?」と訊かれ連れて行ってもらいました。その時に「下吉田駅ブルートレイン入場証」をもらいました。
2013_0512_0014

2013_0512_0018(いずれも「赤富士」車内)
 沿線はずっと富士山が見えていました。頭だけのところも多かったですが。約1時間で終点の河口湖に到着です。車内にいろいろ設備がありますが、たった1時間で全部を楽しむ(お子様向けのものも多いですが)のは無理でした。また機会があれば乗ろうと思います。

 

« 「伊予灘ものがたり」 | トップページ | 駒場東大前駅 京王電鉄100周年記念入場券 »

乗車整理券」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 快速「富士登山電車」:

« 「伊予灘ものがたり」 | トップページ | 駒場東大前駅 京王電鉄100周年記念入場券 »