« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月の2件の記事

2015年8月30日 (日)

東京駅100周年記念Suica

Epson023_5
 東京駅記念100周年Suicaは、1914年12月20日に中央ステーションとして開業した東京駅が2014年同日に100周年を迎えるのを記念して発売された記念Suicaです。一昔前まではこういう記念きっぷ、カードの類はオレンジカードだったのですが。今や発売停止、利用停止、払戻のみ可、となってしまいました。
 この東京駅100周年Suicaは、発売前にデザインが公表され、それが大変良いものであったことから、購入希望客が殺到し、午前10時の発売開始後、JR東日本曰く「大変危険な状況になった」ことからすぐに発売中止となり、その様子がテレビ、新聞等で大々的に報道されたのは記憶に新しいことです。その後、JR東日本から「インターネットによる販売を行ないます」「なお、お申込み頂いた方には全員販売いたします」との発表がありました。その申込み枚数は約500万枚にも達しました。年間の通常Suica発行枚数が300万枚だというので、これがどれ程多いのかよくわかります。この大量のSuicaを一度に発行出来る筈も無く、抽選で順番を決め、来年の3月までを目途に発送される運びとなりました。
 私は幸いなことに割と早目だったようで、7月下旬には払込用紙が送られて来ました。それを持ってコンビニへ行き、払込を済ませる必要がありました。このような発売方法はJR初だと思います。8月の中旬になって漸く記念Suicaが送られて来ました。確かにデザインも良く、発売額2000円の内1500円は通常のSF残高として使えることを考えると実質500円です。これは買って良かったと思いました。

 

 ただ、一つ勘繰ってしまうことがあります。東京駅窓口で販売するより、今回の様な発売方法にした方が遥かに多くの枚数を売れたのは疑いようのないことです。当日の警備体制の甘さ、その後の迅速な発売方法変更、等々を勘案すると、JR東日本は最初から窓口販売は中止するつもりだったのではないか、その方が利益が上がるため、当該措置を取ったのではないか、などと悪く考えてしまいます。利益重視の純民間企業ですから。でも、もしそうだとしたら、ちょっと派手にやり過ぎではないかと思いますが、、、




2015年8月13日 (木)

東京テレポート→新宿

Photo
 新宿から埼京線(山手線)大崎経由、東京臨海高速鉄道りんかい線連絡、東京テレポートまでの乗車券です。新宿までは定期券を所持しており、お台場へ行く用事があったため新宿から東京テレポートまでは普通運賃を払って行く積りでした。ここで、Suicaを使えばIC運賃が適用されて片道500円の所が494円になって6円安くなるのですが、何しろ定期券のSF残高は常に0円にしておきたい、ということもあり、新宿で一旦改札を出てまた別のSuicaカードで入り直す、という手間を踏むのが嫌だったということもあって、紙のきっぷを買うことにしました。指定席券売機を使えば、自駅以外からの乗車券だけでも買える(JR東日本の指定席券売機はこれが可能。JR西日本のみどりの券売機は不可能。但し指定席券売機であっても、発売駅からちょっと離れた駅からの初乗り、とかはキセル防止のため買えません。)上にICカード決済が出来る、ということで、豊田駅の指定席券売機をいじっていたら、「東京テレポート」という口座が出て来ませんでした。どうも社線連絡は買えないものもあるようです。券売機上の運賃表を見ても「りんかい線」は載っていない。埼京線とほぼ一体化しているのだから載せてもいいとは思うんですが、、、それで、嫌がられるのを承知で窓口へ行くと、普通に発券してくれました。ヒマだったからかも知れませんが。
 
実際に使用しましたが、穴も開いてなければ、無効印も捺してありません。これには次のような訳があります。当日お台場で会った知人から「りんかい線フリーきっぷ」を譲ってもらい、帰りは「国際展示場」からそのフリーきっぷで入場しました。東京テレポート→新宿と国際展示場→新宿の運賃はどちらも500円ですが、マルス券のため当該きっぷでは国際展示場からは乗れません。それでフリーきっぷで入場しました。そのあと埼京線直通の快速川越行きに乗って、新宿で中央快速線に乗り換え豊田まで行きました。本当はここでフリーきっぷと当該乗車券と定期券と3枚見せて有人改札を通らないといけないのですが、いつもの癖で定期券を改札にタッチしてそのまま出てしまいました。よくよく考えると当該定期券には入場記録が無い訳で、撥ねられた筈なんですが、歩くのが早いと改札の扉が閉まる前に通り過ぎてしまいます。ちゃんとタッチ出来てなかったのに、こういう訳で難なく入場してしまい、降りる時に「入場記録無し」で何度も撥ねられたことがあります。まあ定期範囲内のことで、この日も必要な乗車券類は全て所持していたし、別にキセルした訳でも無いからまあいいか、という訳でそのまま駅から出ました。そういう事情で、穴も開いてなければ無効印も捺されてないわけです。改札の改修をしないといくらでも不正乗車が出来てしまうような気がするのは私だけでしょうか。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »