« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月の3件の記事

2015年7月24日 (金)

滝川→神戸市内

Photo
 滝川から日本海縦貫線経由神戸市内までの乗車券です。距離が長いことを除けば大して珍しいものでもないんですが、経路に注目して下さい。「函館線・千歳線・静狩・函館線・海峡・奥羽・(以下略)」となっています。この内、「海峡線」の前後はいくつか省略されています。「津軽海峡線」といういわゆる総合線を使って、函館~青森間の函館線・江差線・津軽海峡線・津軽線をまとめたものです。マルスの経路は16までしか対応しておらず、全部入力すると越えてしまう可能性が高く、「津軽海峡線」として1経路扱いにしているのです。
 これは珍しくなく、むしろ若い窓口氏の中には「津軽海峡線」がバラバラに分かれていることを知らない人もいるみたいですが。
 奇妙なのは、「静狩」という表記です。静狩は室蘭線、長万部の一つ東室蘭寄りの駅ですが、どうしてこの表記が出て来たのかわかりません。「内浦湾線」という総合線があるのですが、これを使うと表記上は「室蘭線・千歳線」となるようです。
 このきっぷを買った帯広の若い女性係員の方はこんな長距離きっぷを発券したことが無かったのか、えらく戸惑っていました。お節介ながら、私もマルス画面を覗いて見ていると、困り果てたような顔をしていたので、どうしたのかと思えば、着駅が「横浜市内」になっていました。それで経路をちゃんと入力したのに撥ねられたのでした。「あ、本当ですね」と直して、出て来たきっぷを見せて「これで大丈夫そうですか?」と。大丈夫そうではありましたが、「この静狩ってのは何ですか?」と聞いてみると、時刻表の路線図を出して来て、「ここなんですけどね。なんか出てきちゃうんですよ」と言っていました。
 私はこのきっぷを持って帯広から快速「狩勝」に乗って、滝川から特急「スーパーカムイ」で札幌へ。札幌からは寝台特急「トワイライトエクスプレス」に乗って実家へ帰りました。ちなみに「乗変」になっているのは、ホテルに長居し過ぎて1本前の滝川行き鈍行に乗り遅れ、それで札幌からの乗車券しか無かったので、滝川から特急に乗るべく乗車券を滝川からにしたのでした。普通列車は北海道&東日本パスです。札幌到着は2分しか変わりませんでした。快速と特急は速かったです、、、

2015年7月20日 (月)

特急「スーパー白鳥」

Photo

 特急「スーパー白鳥」は新青森~函館間を結ぶ特急列車です。東北新幹線全線開業前は八戸発着で運行していました。1988年に開業した青函トンネルを含む津軽海峡線には快速「海峡」、特急「はつかり」が運転されていましたが、50系客車を使う快速「海峡」は老朽化が激しく、また客車列車の運行非効率のため、全列車が2002年12月1日に特急「スーパー白鳥」へと置き換えられました。車両はJR北海道の789系で、一部の増結車に785系改造車が使用されています。同区間にはJR東日本の485系を使う特急「白鳥」もありますが、停車駅等の差は無く、車両の違いによるものだけです。789系は青函トンネルの上り勾配で140km/h運転を行なう謂わば「バケモノ的」性能を持つ高性能車両です。座席のテーブル裏に列車ごとの青函トンネルンの通過時刻が記載されています。
2013_101324_0006(青森にて)

 運転開始以来、本州対北海道の連絡列車として活躍を続けてきましたが、いよいよ来年3月の北海道新幹線開業に伴い運行を終了することになります。現在海峡線は新幹線開業準備がたけなわで、知内、竜飛海底両駅は昨年3月に廃止され(吉岡海底は臨時駅からの廃止)、津軽今別も今年の8月10日から全列車が通過扱いとなる予定です。同駅の仮設在来線ホームも撤去され、事実上の廃止となり、新幹線駅の「奥津軽いまべつ」として来年3月の開業を待つことになりそうです。

 私は北海道へ渡るのに幾度と無く海峡線を利用しています。スキー旅行以外で北海道へ行くのに航空機を使ったことは一度もありません。青森~函館間は必ず特急「白鳥」「スーパー白鳥」に乗りました。連休中は指定席が満席になるほどの盛況ですが、普段は長期休暇中であっても、がらがらでした。本当に北海道新幹線は必要なのか、と思ってしまいます。全国新幹線鉄道整備法第一条には、「この法律は、高速輸送体系の形成が国土の総合的かつ普遍的開発に果たす役割の重要性にかんがみ、新幹線鉄道による全国的な鉄道網の整備を図り、もつて国民経済の発展及び国民生活領域の拡大並びに地域の振興に資することを目的とする」とありますが、「全国的な鉄道網の整備を図」る趣旨とは裏腹に、在来線の第三セクター化や部分廃止で鉄道網の破壊に資するものではないかとさえ疑ってしまいます。賛否両論あるでしょうが。

 

2015年7月 2日 (木)

ゆいレール(沖縄都市モノレール)

Epson021
 沖縄都市モノレール、通称「ゆいレール」の乗車券です。私が行った訳では無く、弟が修学旅行で先日沖縄へ行ったらしく、その「お土産」だそうです。他に「紅いもタルト」も買って来てくれましたが、、、このモノレールは2両編成の跨座式でそれ自体は特に珍しいものでもないのですが、沖縄県唯一の鉄道です。戦前は県営鉄道があったのですが、沖縄戦で滅茶苦茶に破壊され、戦後はモータリゼーションの権化の如きアメリカの施政下にあったため、長らく復活しませんでした。県内交通は主にバスと自家用車が担っており、東京の地下鉄並みの頻度で大量のバスが行き交っているようです。そんな訳で交通渋滞が激しく、那覇空港~首里間12.9kmのモノレールが2003年に開業しました。現在は那覇と名護を結ぶ普通鉄道の建設が計画されています。

 その「ゆいレール」のきっぷを見た時は驚きました。一見普通の磁気券ですが、右端にQRコードが付いていて、航空券のようです。2014年10月20日にICカードを導入したのと同時に、QRコード付きの乗車券に切り替えたそうです。それまでは磁気券だったようですが。自動改札にこれをかざして通り、下車駅でもまたかざして、使い終わったきっぷは改札機に付いている箱に投入することになっているそうです。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »