« 特急「かもめ」(白いかもめ) | トップページ | 「かがやき」(グランクラス) »

2015年5月16日 (土)

豊田→神戸市内(北陸本線経由)

Photo



 豊田→神戸市内の長距離大回り乗車券です。東京の下宿先から神戸市の実家へ帰るのに使用しました。普段は東海道新幹線でさっと行き来するのですが、今年の春休みの始めに帰省するときにはわざわざ上越新幹線、ほくほく線、北陸本線経由にしました。こう書くと、新幹線転換前の北陸へ寄り道をしたかったかのようですが、それが目的では無く、冬の新潟県へ知り合いと遊びに行くのが主な目的でした。新潟長岡から大阪神戸方面ですと、東京経由新幹線利用か、北陸経由在来線特急利用のどちらかになりますが、時間的にはどちらも5時間程度で左程変らないかわりに、特急料金は東京経由だと10010円、北陸経由は5800円(指定席)と大幅に違います。そういう訳で金沢経由で神戸へ向ったのでした。ちなみに新潟では十日町に寄り道していました。雪まつりは終っていましたが、、、
 普通のマルス乗車券ですと、85mm券になりますが、経路が10を超えるとこのような120mm券で出てきます。ちなみにマルスで発券出来るのは16経路までで、17経路以上になると補充券になります。これも1回だけ出てきたことがあるので、追い追い紹介したいと思います。豊田→中央快速線→西国分寺→武蔵野→埼京→大宮と大宮まででも結構経路数があります。意図的に増やしたわけではなく、大宮直通の「むさしの号」を使っただけですが。
 北越急行線内には、それらしき人達が多くいました。「はくたか」には乗ったことがありますし、特急を使う程でも無かったので乗りませんでしたが、、、この「信越・北陸・湖西」という見慣れた表記ももうお蔵入りです、、、
 このきっぷを頼んだ時の窓口氏はベテランの方だったようで、渋い顔をすることもなくサッと出してくれました。余談ですが、多摩地域のみどりの窓口はこの4月1日から営業時間が短くなり、豊田は8時~20時、立川、八王子の主要駅でも7時~21時に短縮されました。指定席券売機で代替させるには難がありすぎる様な気がしなくもないですが、、、前に一度、窓口の営業時間終了後に、有効期間がその日までの自由席特急券を乗車変更するの忘れていたことがあって、23時まで開いてる窓口はこの近くにないか、と駅員氏に訊ねたところ、新宿まで行かないと無い、と言われ、ダメ元で「あれ(指定席券売機)じゃあ変更は出来ないですよね?」と言うと、「変更でしたら、指定席券売機で変更後のきっぷを購入して頂いて、こちら(改札)に持って来て頂ければ、こちらで証明しますので、その2枚を持って後日窓口に来てください。返金しますので」ということでした。この駅員氏の判断なのか、JR東日本としてそういう取扱を定めているのか、そのあたりは定かではありませんが、、、

« 特急「かもめ」(白いかもめ) | トップページ | 「かがやき」(グランクラス) »

乗車券」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊田→神戸市内(北陸本線経由):

« 特急「かもめ」(白いかもめ) | トップページ | 「かがやき」(グランクラス) »