« 江差→上ノ国 | トップページ | 近鉄特急の席番表示 »

2015年4月 1日 (水)

青春18きっぷ(JR発足20周年)

Photo
 青春18きっぷは1983年から毎年春、夏、冬に発売されているきっぷで、JR全線の普通列車(快速含む)とJR西日本宮島フェリーが5日間乗り放題となります。普通列車の走っていない津軽海峡線の木古内~蟹田間、石勝線の新夕張~新得間は、同区間内相互利用に限って特急列車の普通車自由席に乗車出来ます。一人で5回使っても良し、5人で1回使っても良し、という柔軟性の高いものとなっています。値段は現在11850円ですが、JR発足20周年となった平成19年の春期発売分については、「JR発足20周年・青春18きっぷ」という名称で、8000円にて発売されました。きっぷの効力は通常の18きっぷと何ら変わりありません。
 整備新幹線の相次ぐ開業により並行在来線が次々とJRから経営分離され、第三セクター化されている現在、青春18きっぷの使える範囲は年々縮小されています。JRの飛び地があちこちに出来たため、青い森鉄道の八戸~青森間(野辺地のみ途中下車可)、IRいしかわ鉄道の金沢~津幡間、あいの風とやま鉄道の富山~高岡間は利用可能とされてはいますが、今年3月14日の北陸新幹線開業で北陸本線、信越本線が350km近く一気に三セク化され、日本海縦貫線を乗りとおすことすら出来なくなりました。速さばかり追い求めて、容赦なく旅情を奪っていくJR、並びに整備新幹線法で並行在来線の三セク化を容認した国土交通省鉄道局のやり方には甚だ疑問しか浮かびませんが、、、

« 江差→上ノ国 | トップページ | 近鉄特急の席番表示 »

企画切符」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷ(JR発足20周年):

« 江差→上ノ国 | トップページ | 近鉄特急の席番表示 »