« 一葉のきっぷから | トップページ | 江差→上ノ国 »

2015年3月29日 (日)

特急「はまかぜ」

Photo_2
 平成22年に乗車した特急「はまかぜ4号」の特急券です。特急「はまかぜ」は同年11月7日から新型のキハ189系で運転されています。運転区間は大坂~香住・浜坂・鳥取で、姫路から播但線を経由します。1日3往復の運転で列車ごとに全て運転区間が異なっています。ただし、香住発着は繁忙期に浜坂まで延長運転されるほか、冬季には大阪~浜坂間で特急「カニカニはまかぜ」が運転されます。こちらもキハ189系での運転です。以前は国鉄型のキハ181系での運転でグリーン車もついていましたが、車両交代と同時に連結がなくなり現在は全車普通車での運転です。自由席は1号車、2、3号車は指定席です。増結して6両編成で運転される場合は1、2号車が自由席、3~6号車が指定席となります。

 特急「はまかぜ」は大坂から山陰方面へ運転されますが、ほぼ同じ区間に特急「こうのとり」が福知山線経由で走っています。こちらは電車特急のため城崎温泉までしか行かず、その先の非電化区間には直通しません。豊岡、城崎温泉へ行く場合は大坂からですと「こうのとり」の方が早く着きます。一方、「はまかぜ」は乗換えを嫌う客層を中心に大阪からの利用がありますが、主に三ノ宮、神戸、姫路から山陰方面へ向かう客を対象にしています。大阪から利用する場合は乗車券、特急料金の特例が適用され、「はまかぜ」で和田山以遠へ直通する場合に限り、福知山線経由で運賃料金計算を行うことになっています。

2010_11240287

私は平成22年11月23日に利用しました。三ノ宮~大阪間は15分間隔で新快速が走っており、この「はまかぜ4号」の3分後を新快速が追い掛けていましたが、新型車両に乗りたかったため乗車直前に三ノ宮駅の「みどりの券売機」で特急券を購入しました。シートマップで見た通り、車内はがらがらでした。乗車時に見た限りでは自由席車に何人か乗車していました。同業者か、一般の人かはわかりません。ですが、新快速(22分)と所要時間が3分しか変わらないのに特急料金630円(自由席)が掛かるため、恐らく一般人ではないと思いますが、、、

 この当時はまだキハ181系と同じダイヤで走っていました。現在ではスピードアップが計られています。新型特急ということもあり、JR西日本標準の車内設計で、快適ではありました。

« 一葉のきっぷから | トップページ | 江差→上ノ国 »

特急券」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特急「はまかぜ」:

« 一葉のきっぷから | トップページ | 江差→上ノ国 »